梨本発電所(N発電所)

梨本発電所N発電所)は静岡県賀茂郡河津町にあった発電所。

大正4年5月に河津川水力電氣によって開設。昭和47年1月10日、操業停止。

現在も「踊子歩道」沿い(川合野-小鍋神社間)に建物や水圧鉄管は残っているが機械類は撤去されている。建物は簡易倉庫として利用されているらしい。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

梨本発電所(N発電所) 住所

静岡県賀茂郡河津町大鍋

梨本発電所(N発電所) 種類

廃工場・発電所

梨本発電所(N発電所) 画像

梨本発電所(N発電所) 写真・ブログ・リポート

くろべぇの廃墟:N発電所-livedoorBlog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/7763341.html
2012年12月31日探訪。大正4年、地元の電力会社により建設され、昭和47年まで稼動していた発電所。ハイキング道の傍らに忘れられたように建つ発電所建屋。建てられてから100年近く経つ為か、建物全体が歪み痛みが目立つ。
河津川水力発電所
http://shimoda-history.net/kk15.html
「伊豆川津川水力發電所」大正4年~昭和10年代頃の旧河津川水力電氣㈱梨本發電所。大正4年5月、創立。昭和47年1月10日、操業停止。現在も「踊子歩道」沿い(川合野-小鍋神社間)に建物や水圧鉄管は残っているが機械類は撤去されている。(参考:新南豆風土誌、昭和十二
第36號河津水力電氣株式会社梨本発電所-Minekoのお散歩~Again~
https://sites.google.com/site/minekonoosanpo2/tesuto/sono-ta-dian-qi-shi-ye-zhe/di36hao-he-jin-shui-li-dian-qi-zhu-shi-hui-she-li-ben-fa-dian-suo
發電所!?もう写っています☆何処に写っているかお解りですか♡写真中央やや左下をアップすると↓あらら、これは立派な發電所が残っていることで・・・・・そうそう・・・・よく考えるとここは東京電力さんの管轄だから、あの発電所は東京電力さんの廃發電所と言うことになるのか
上流域 - 河津川
http://www.kawazugawa.com/jyoryu.html
梨本の吊り橋(旧発電所跡). 砂防ダムから500mほど下流にあって、この付近では珍しく開けた場所である。天 城散策道の一端で、青く塗られた小さな吊り橋が架かっており、対岸には旧発電所の 廃屋が樹木の中に朽ち果てている。
N発電所
http://kaede472.kakurezato.com/haikyo_092.htm
N発電所今回もまた山の中車では到達できない場所。山道を軽く登り、そして反対側へとまた下る。川の音が聞こえてくると、やがて藪の向こうにその建物は姿を現す。赤い屋根に黄色の壁。窓は自然の力によりなくなっている。台風などの強い風で飛ばされた小石や枝が窓を叩き、そして
【遺構】梨本発電所(伊豆): たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2015/04/post-808a.html
旧梨本発電所は伊豆河津町に残された廃墟。 天城街道から、これまた軽トラ規格の狭い農道を降りて河津川に突き当たったところにそれはある。 正確には「河津川水力電気・伊豆河津川水力発電所」といったらしい。 「天城散策道