水明荘(頼城町)

水明荘は北海道芦別市の三井芦別炭鉱にあった独身寮。「S明荘」等として紹介されていることもある。

元々は新旧二つのの水明荘があったが、旧水明荘は1955年に大半が焼失、1973年に完全焼失した。新水明荘は1956年に建てられ、1982年に増築された。

崩壊が進んでいる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

水明荘(頼城町) 住所

北海道芦別市頼城町

水明荘(頼城町) 種類

団地・住宅・別荘

水明荘(頼城町) 画像

水明荘(頼城町)
水明荘(頼城町)
水明荘(頼城町)
水明荘(頼城町)
水明荘(頼城町)

水明荘(頼城町) ストリートビュー・空中写真

水明荘(頼城町) 写真・ブログ・リポート

三井芦別炭鉱・頼城と緑泉
http://www.asahi-net.or.jp/~re4m-idgc/ASHIBETSURAIZYOU.htm
平成14年の水明荘。独身寮として建てられた建物でかなり細長いことが特徴的です。私が最初に立ち寄った時には日特建設現場事務所の看板が出ていました。かつてこの裏手にはRC造3Fの西町アパート群がありました。平成18年の水明荘。平成25年の水明荘。
水明荘
http://hokkaidou.yukishigure.com//ruins2/page560.html
水明荘
廃虚栄
http://haikyoei.web.fc2.com/report/repo_suimei/suimeiso_top.html
頼城・緑泉にはあると聞いていた「水明荘」、はっしーが芦別方面に行ってくださると言うことでお願いしてみた。軽く承諾はしてくれたものの場所が全くわからず、かと思いきや普通にあっさりと見つかりました。「水明荘」は炭鉱会社の独身寮との情報がありまして、更に昔には新・旧
冒険野郎の冒険記|Blog|冒険野郎スカR|Minkara - The Car & Automobile SNS(Blog - Parts - Maintenance - Mileage)
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/177050/blog/c909016/
頼城地区にある水明荘三井芦別鉄道頼城駅跡付近後方は三井芦別炭鉱の第二坑跡
S明荘(北海道) | 勿忘草
https://kasumiruins.amebaownd.com/posts/1062547
炭鉱会社の独身寮の廃墟があると友人に聞き連れて行ってもらう事に。横に長い2階建ての寮、植物の茂みがすごく入るのが大変だった一階は廊下が長く、床がある所無い所で段差が多かった。手のひら位の大きさのカタツムリがいっぱいいました。だからか全然一階の写真を撮ってない事
頼城町 : 廃墟を歩く。ときどき日常
http://blog.livedoor.jp/kingsnow/archives/1054540823.html
この廃墟。『水明荘』炭鉱があった頃の寮です。数年前のいろんな人のブログを見ていたのですが、まだ残っているか不安だったので見つけたときは感動しました。でも、この写真からもわかるように、除雪がされていないので雪が邪魔をします。ここが、正面玄関ですが、しっかり塞がれ

ピックアップ廃墟