千代ヶ崎砲台 概要・歴史

千代ヶ崎砲台は神奈川県横須賀市にあった三浦半島最大の砲塔砲台。

1895(明治28)年竣工。戦艦「鹿島」の30cmカノン砲塔が設置されていた。

地下構造物、砲座跡、弾薬庫などがよく残っており、国の指定史跡の指定を受ける事になっている。

隣接する観光農園に残る右翼観測所跡と大正時代の砲塔砲台跡を見学する見学会が催されている。

状態
2011年09月15日作成  2019年02月25日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

千代ヶ崎砲台 住所

神奈川県横須賀市西浦賀

千代ヶ崎砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

千代ヶ崎砲台 ストリートビュー・空中写真

千代ヶ崎砲台 関連ブログ・参考リンク

Photo Gallery
http://www.morishin-web.com/photo/kanagawa/chiyogasaki/photo_chiyogayaki.html
千代ヶ崎砲塔砲台神奈川県横須賀市西浦賀町6大正14年6三浦半島最大の砲塔砲台戦艦『鹿島』の30cmカノン砲塔を設置した要塞。ここ千代ヶ崎砲台は各地要塞の演習場としても重要な位置付けをされていました。今も原型を留めている軍用道路。100トンもの砲身を運び入れるた
とある戦跡と自衛隊 千代ヶ崎砲台 その1
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-276.html
浦賀狙撃用洞窟陣地のすぐ裏手の山にある砲塔砲台である。大正14年に戦艦鹿島の30.5cm45口径連装砲を設置した、鹿島は香取型戦艦の2番艦であり、1923年ワシントン海軍軍縮条約により廃艦、解体後に主砲塔2基は沿岸防備用の陸上砲台へと転用されたと記録にある。平
千代ヶ崎砲台跡地を視察 みごとな近代遺産 もとい☆ブログ/ウェブリブログ
http://motoi-tsunoi.at.webry.info/201406/article_17.html
今日は、教育福祉常任委員会が所管している部局の中で市内にある施設について、視察が行われました。朝一番で、浦郷町のアイクルに隣接した動物愛護センターに向かいました。ここは、5年前に造られた施設で、犬・猫等の引き取り、収容、処分をしており、今はアライグマなど有害鳥
Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡]千代ヶ崎砲台跡周辺探索
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-58.html
横須賀市浦賀にある千代ヶ崎砲台。先日訪れた時は、厳重な警備に阻まれ到達不能であった。今回は、海岸線からの登頂により、砲台跡を目指した。燈明堂の駐車場から海岸線に沿って歩いていくと、細い分岐を発見。とりあえず山側へ進まないと話にならないので細い分岐へと進む。道な
Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 千代ヶ崎砲台西側裏手の壕
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-222.html
久里浜駅から東へ少し行ったところにある千代ヶ崎砲台。以前、千代ヶ崎砲台の周辺遺構を回ってみたのだが、今回、山の反対側にも壕口があると言うことで見に行ってみた。早速現地に到着。『しらかば子どもの家』の横にある広場に面した斜面には壕口が散見される。とりあえず入りや
Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 海上自衛隊 千代ヶ崎送信所に行ってみた
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-121.html
以前、千代ヶ崎砲台周辺を探索したが、海上自衛隊の千代ヶ崎通信隊がそろそろ撤退だというので見に行ってみた。話によると、門扉も開かれており侵入可能らしい。山を登り、正門前に来た。たしかに門は閉じていない。今までの厳重な警備がウソのようだ。ここ、千代ヶ崎送信所は、旧
Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 千代ヶ崎砲台再調査
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-61.html
[戦跡] 千代ヶ崎砲台再調査 2009-05-20 · 先日訪問した千代ヶ崎砲台であるが、観測所上部で伐採作業員が作業中であり、掩蔽部の一部しか見ることが出来なかった。 そこで、再調査を兼ね再訪してきた。
とある戦跡と自衛隊 千代ヶ崎砲台、新遺構? - FC2
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-384.html
本日メンバーと千代ヶ崎砲台を訪れた、周辺探索の中、新たな壕口が見つかったこの地区は多数の施設、部隊が入り混じっており、正確には何処に所属する壕かは不明である。 付近には海軍対潜学校、海軍工作学校、川間ドック、浦賀狙撃用 
とある戦跡と自衛隊 千代ヶ崎砲台、新遺構(再訪)旧住友工場護岸
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-386.html
数日前行って来た千代ヶ崎砲台、新遺構だが、見れなかった部分があったので再訪した結果、収穫は無かったと言っていい、駐車場脇に上り口が見えていた部分が気になっていたが、登って行ったら千代ヶ崎旧砲台のフェンスに突き当たった 
千代ヶ崎砲台跡付近の最近の様子: 三浦半島なんでも探偵団 ~B面~
http://miura-and-others.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-8734.html
その後、すぐ近くの千代ヶ崎砲台跡が公開に向けて整備されるという情報があったのですが、どうなったのでしょうか? 久しぶりにシステム通信隊近くの相互オートサービスさん方面から砲台跡地方向を見に行ってきました。 Photo_7.

ピックアップ廃墟