船越地下軍需工場 概要・歴史

船越地下軍需工場は神奈川県横須賀市にあった旧海軍の軍需工場。

正式には横須賀海軍工廠造兵部船越地下工場。1941(昭和16)年に開設された横須賀海軍工廠造兵部の地下疎開工場だった。

関東自動車の移転に伴い、跡地を防衛省が買取り、自衛隊施設が大幅に拡幅し入れなくなってしまった。

状態
2011年09月15日作成  2019年06月10日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

船越地下軍需工場 住所

神奈川県横須賀市船越町1丁目

船越地下軍需工場 種類

軍事施設・戦争遺構

船越地下軍需工場 関連ブログ・参考リンク

Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 船越地下軍需工場
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-68.html
先日潜入した比与宇地下壕の近くに、当時の海軍工廠造兵部の地下壕がある。今回は、全国戦争遺跡調査研究会の面々と、横須賀海軍工廠船越造兵部船越地下軍需工場へと潜入してきた。船越のガントリークレーンにやってきた。大正14年の関東大震災以前に建てられたというこのクレー
横須賀海軍工廠船越造兵部船越地下軍需工場1階部分内部図
http://www.geocities.jp/nwsra2006/funakoshi1_inside.htm
とある戦跡と自衛隊 横須賀海軍工廠造兵部船越地下工場 その1
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-72.html
横須賀市船越の海上自衛隊横須賀造修補給所裏山にある壕。船越地下軍需工場の呼び名の方が有名だろう、ここは近年まで空き地の奥に丸見え状態で、いつでも入れたが、近年関東自動車の移転に伴い、自衛隊施設が大幅に拡幅し一般的には入れなくなってしまった。当時はこのように、一
長浦港夜景 ガントリークレーン…撤去されてました。 - どこ行こうかな~? - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kuropapa009/10759362.html
そして、裏山には横須賀海軍工廠造兵部船越地下工場の跡の壕がありました。船越地下軍需工場の呼び名の方が有名だと思いますが、何年か前までは空き地の奥に丸見え状態で側まで行けましたが、関東自動車の移転に伴い、跡地を防衛省が買取り、自衛隊施設が大幅に拡幅し入れなくなっ
とある戦跡と自衛隊 横須賀海軍工廠船越造兵部田浦地下軍需工場
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-23.html
横須賀海軍工廠船越造兵部田浦地下軍需工場. ここはJR田浦駅の近くにある地下壕の一つである。 始めに断っておくが、この壕は残念ながら、戦後昭和の産廃捨て場と化していた。 友人曰く、「頼まれても、入りたくない壕」との評価を頂いて 

ピックアップ廃墟