宝珠山炭鉱は福岡県朝倉郡東峰村にあった炭鉱。 江戸時代には石炭が発見されており、1912(明治45)年...

宝珠山炭鉱

宝珠山炭鉱 概要・歴史

宝珠山炭鉱は福岡県朝倉郡東峰村にあった炭鉱。 江戸時代には石炭が発見されており、1912(明治45)年...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

宝珠山炭鉱 ストリートビュー・空中写真

宝珠山炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://blogs.yahoo.co.jp/c_xantia_01/56198881.html
宝珠山(ほうしゅやま)は福岡県南部、大分県との県境近くにある山です。この辺りの村民の間では、18世紀末の江戸時代から石炭が燃料として使われていました。それが明治以後、産業用燃料として使用されるようになり、ここも企業の下で開発が進められたそうです。日田彦山線の宝
http://blogs.yahoo.co.jp/c_xantia_01/59886273.html
約1年ほど前に、福岡県朝倉郡東峰村の“宝珠山炭坑の遺構”という記事を掲出しましたが、先日その中の“二坑”の近くを通ったところ、坑口の前の道路を拡幅していて、以前訪れた時よりも間近に見ることができました。因みに以前はこんな感じでした(↓)。同時に、その近くにもう
http://5.travel-way.net/~niemon/4/2006/061027innai/dotyu/tankou.html
「18世紀末江戸時代寛政年間以来、村民が燃料としていた宝珠山の石炭は、明治になると産業化され、明治45(1912)年には、石炭王・伊藤伝右エ門による買収で伊藤合名会社宝珠山炭鉱となり、本格的な開発が始まり、大正5(1916)年、ここ大字福井川曲地区に延長730
http://kyushu-heritage.jp/map/22housyu/22housyu.html
福岡県朝倉郡東峰村は静かな山村ですが、昭和38年までは石炭の街として栄えていました。江戸時代には石炭が発見されており、明治45年に"石炭王"と呼ばれる伊藤伝右衛門がこの地に伊藤合名会社宝珠山炭坑をつくり、本格的に炭鉱開発が始まります。写真の石組ポータルの坑
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2007-06-09-2
福岡県の中央南部の大分県との県境にある宝珠山村。石垣の美しい棚田に囲まれた長閑な農村とばかり思ってたら小さいながらも炭坑が存在していたらしい。宝珠山炭坑筑豊を始めととする炭坑王の一人、伊藤伝右エ門の作った炭坑です。写真は3つある坑口の内の三坑跡。昭和26年に採
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/31.html
宝珠山村(現東峰村)にあった炭鉱(伊藤合名会社→日本炭業宝珠山砿業→昭和38年閉山)陶器で有名なこの地ですが、昭和の中頃までは産炭地でした。筑豊の石炭王伊藤伝衛門氏が経営していて現在の東峰村役場裏の公園内に第一坑口と第三坑口(ともに本卸坑道)。JR宝珠山駅裏の
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/464.html
約3年前駆足投稿した宝珠山炭鉱跡最近ちょっと気になる物体を航空画像で見つけたので探してみた。一坑と三坑は大行司駅付近で既に公園化桟橋の橋脚も坑口も普通に見れるし、土手の斜面には三坑の巻座も残ってるらしい。相変わらずな色の坑内水処理せんでいいのか??(^^;今回
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/465.html
前回投稿の続きです目的の遺構も一応見れたので帰るついでに元鉱業所を1周する道を進んでいると...こんなのが有った!橋脚と橋梁セット♪何故かこの部分だけが残る向こう側はビニールハウスとか畑で築堤そのものも無いコンクリート製なので比較的新しい?反対の土手に橋台とか
宝珠山炭鉱 関連ワード
  • 近く