大和田炭鉱(おおわだたんこう)は北海道留萌市大和田町にあった炭鉱。 留萌炭田の初期の中心炭鉱であ...

大和田炭鉱

大和田炭鉱 概要・歴史

大和田炭鉱(おおわだたんこう)は北海道留萌市大和田町にあった炭鉱。 留萌炭田の初期の中心炭鉱であ...

大和田炭鉱 画像

1974-1978年 国土地理院

近くのスポット

大和田炭鉱 ストリートビュー・空中写真

大和田炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://members3.jcom.home.ne.jp/bighorn3/tankou/owada/owada1.html
大和田炭鉱斜坑中は奥で崩れているズリ山もう一つの坑口もあった通気斜坑密閉されている扇風機らしい建物があった※当サイト内の写真及び記事等の転載、配布はご遠慮下さい。転載禁止(c)Copyright2007~2012nori.Allrightsreserved
http://www.geocities.jp/rumoi_net/column/owada.html
大和田炭鉱留萌・大和田には昔炭鉱があった?留萌市内の大和田地区には昔、「大和田炭鉱」がありました。明治32年、大和田地区(当時の「留萌原野」)に「メンコ炭山」と「金喜炭山」がそれぞれ開業したのがはじまりで、以後買収・吸収を繰り返し最終的に大和田荘七氏が買収し「
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-183.html
道北にもかつて炭鉱は沢山ありました。有名どころはさておき、今回は大和田炭鉱の紹介大和田炭鉱とと聞いて、すぐに市町村がわかるあなたはかなりの炭鉱通といえます。地名には自信のある?僕も分かりませんでした。
http://ameblo.jp/treasurehunter1/entry-11818520193.html
そして以前から気になっていた扇風機ケースは倉庫代わりになってました。
http://blog.livedoor.jp/sorairocm/tag/大和田炭鉱
留萌市にあった大和田炭鉱の跡です。【大和田炭鉱】明治25年に石田勇三郎氏が採掘を開始。以後、経営者が次々と代わる。大正5年、一旦休山。昭和13年、寿炭鉱留萌鉱業所により再開、安定操業を続けたが、戦後、経営不振に。27年、大和田炭鉱として再建を図るも34年、閉山
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top1050.html
大和田炭鉱で人道に潜る北海道留萌市明治38年に創業した留萌市南東の大和田炭鉱は、石炭積出港として栄えた留萌港から近く、炭質的にも恵まれていた。最盛期の1940年代には従業員700名近くを抱えた黄金時代を迎える。また、最大出炭の1958年にはその出炭量が75.0