国光鉱山(東川町) 概要・歴史

国光鉱山は北海道上川郡東川町にあった鉱山。クワウンナイ川上流に位置する。

石英・銅・鉛・亜鉛鉱床として、主にタングステン鉱物を産出した。

大正初期に発見。1937(昭和12)年より生産が開始され、1945(昭和20)年まで操業していたらしい。

坑道跡が残る。

地図はおおよその地点。

状態
2011年09月15日 作成
2019年05月23日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

国光鉱山(東川町) 住所

北海道上川郡東川町松山温泉

国光鉱山(東川町) 種類

廃鉱・採石場跡

国光鉱山(東川町) ストリートビュー・空中写真

国光鉱山(東川町) 関連ブログ・参考リンク

北海道、何でも秘境探検記。(秘滝、秘湯、遺構、秘境駅他) 国光鉱山を目指せ(?市町村)~沢登りの奥には
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-380.html
上川管内にある大雪山連峰は、北海道を代表する山岳地帯である。標高2000m級の山々が鎮座し、上流部には険しく深い渓谷が刻まれている。今回はそんな沢を遡行してやっと辿りつく国光鉱山跡へ、チューケンさん、のんさんの3人で昨秋にアタックしてきた。さて、結果は?広い駐
北海道、何でも秘境探検記。(秘滝、秘湯、遺構、秘境駅他) 国光鉱山跡を目指せ~坑道の奥は?
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-382.html
前回よりつづきついに坑口を追い詰め突入!!稲荷坑と名前が付いているらしい、ちなみに稲荷鮨も好きですがヌカルミの流れは鉱分を含んだ黄鉄鉱の分解したものだそうで、ライトで照らすと黄金色に浮かび上がる。道を選びながら慎重に前進、奥の方は以外に浅瀬で歩きやすかった。支
国光鉱山跡  探検: 北の細道
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top1600.html
国光鉱山で謎の文字を読む北海道美瑛町クワウンナイ川は天人峡からトムラウシ山(2141m)への沢登りのアプローチとして、入渓期間をも定められた、岳人憧れの河川だ。忠別川から遡ること3kmで、大雪火山域に位置する本坑に到達する。付近の地表大部分は同火山の溶岩および
国光鉱山跡 探検
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top1601.html
清流クワウンナイ川北海道の最高峰、旭岳(2291m)の麓に位置する美瑛町は、なだらかな周氷河地形による波状丘陵が続き、東京23区と同等の面積を有する自然豊かな街だ。柱状節理の続く忠別川から別れたクワウンナイ川の右岸を歩く。鉱山道路が砂防ダムの建設道として再利用
エアぶろ 国光鉱山・1
http://nonintheair.blog78.fc2.com/blog-entry-2244.html
9月に入ってから、上川の国光鉱山跡を探索に行ってきました。メンバーは、チューケンさん、ナベさん。沢わたりがあるので、沢装備でGO!昔の鉱山事務所跡。地面が平らになっていることくらいしか、痕跡はありません。意外と明瞭だった鉱山道路を辿って行って、沢に降ります。お
2007-08-14 - Doubletのちょっとピンボケ
http://d.hatena.ne.jp/doublet/20070814
さて、この下のクワウンナイ川の砂防ダムの真上に、昔マンガン重石のきれいな結晶が出たという国光鉱山跡があります。下の駐車場からわき道を上がり、砂防ダムの上に行きます。藪はそれほどではありません。クマの糞もたまに見かけますが、今すぐ出そうな雰囲気ではなく、安心して

ピックアップ廃墟