観音崎水中聴音所(水中聴測所) 概要・歴史

観音崎水中聴音所水中聴測所)は神奈川県横須賀市にあった旧軍施設。

敵潜水艦を捕捉するための施設で、直径4.5メートルの円形オープンケーソンを海中に沈め、発受信機を懸吊した。1937(昭和12)年6月竣工。

海上自衛隊の敷地内なので近付くことはできない。

観音崎の海岸沿い遊歩道から遠景に望むことができる。

状態
2011年09月15日作成  2018年12月13日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

観音崎水中聴音所(水中聴測所) 住所

神奈川県横須賀市鴨居4丁目

観音崎水中聴音所(水中聴測所) 種類

軍事施設・戦争遺構

観音崎水中聴音所(水中聴測所) 画像・写真

観音崎水中聴音所(水中聴測所)

観音崎水中聴音所(水中聴測所) ストリートビュー・空中写真

観音崎水中聴音所(水中聴測所) 関連ブログ・参考リンク

ふぉーとれす 水中聴音所
http://senseki739.blog118.fc2.com/blog-entry-11.html
観音崎の突端にある水中聴音所。特殊聴音機を設置し、潜航して侵入する敵潜水艦を捕捉するための施設と思われる。展望園地に置いてある双眼鏡を使って撮影した写真。陸と聴音所を繋いでいた桟橋は無くなってしまっている。行ってみたいなあ。
三浦半島デジカメ便り 観音崎 水中聴測所
http://helvetica.blog2.fc2.com/blog-entry-1556.html
観音崎灯台から見下ろす風景に気になる場所があります。芝生状の台地の先の小さな岬、その先の海の中にぽつんとある小さなトーチカのような建造物。画面右下、入江のところに鉄柵がちらりと見えているようにここは海上自衛隊、観音埼警備所があるため,現在も立入が禁止されている
観音崎水中聴測所
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/9734/suicyu.html
観音崎水中聴測所起工:昭和11(1936).7竣工:昭和12(1937).6聴測範囲:180度聴音距離:約4000メートル(海上静穏な場合)「潜航の敵潜水艦を捕捉するため、観音崎先端の海中に設置したもの。直径4.5メートルの円形オープンケーソンを、現場の海中に
まさろぐ » 水中聴音所
http://masaru.sano-f.com/2007/12/水中聴音所/
今日は出かけず家にいた。何かないかと写真を見ていた。そうしたら下の写真があった。これは水中聴音所(水中聴測所)と言う施設で敵の潜水艦のスクリュー音や何かを聞くらしい。簡単に言うと敵の侵入を監視する所みたいな物。(後ろの帆船は日本丸?)今は自衛隊の施設になってい

ピックアップ廃墟