鞍手炭鉱 概要・歴史

鞍手炭鉱は福岡県鞍手郡鞍手町にあった炭鉱。

1934(昭和9)年に金丸鉱業が開坑し、1944(昭和19)年に三菱鉱業が買収したという。

1962(昭和37)年に閉山。

住宅地の中に巻揚機台座らしいコンクリート遺構が残る。

状態
2019年07月09日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

鞍手炭鉱 住所

福岡県鞍手郡鞍手町古門

鞍手炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

鞍手炭鉱 画像・写真

鞍手炭鉱
鞍手炭鉱の巻揚機台座らしいコンクリート遺構

鞍手炭鉱 ストリートビュー・空中写真

鞍手炭鉱 関連ブログ・参考リンク

三菱鉱業 鞍手炭鉱 巻揚機台座遺構 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/110.html
鞍手町古門にあった三菱鉱業筑豊鉱業所のなかの一つだったらしい炭鉱昭和37年閉山(もともとは違うところが採炭していたのを三菱が買ったらしい)古門○交差点交差点から左方向へ宅地を登ります辿り着き方は複数ありますが、ある方向から来ればこの光景コンクリートの遺構が判る
三菱鉱業 鞍手炭鉱 2(鞍手坑 人車卸巻揚機台座) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/245.html
前回の投稿は畑内の遺構が撮れなかったが今回は農作業中のおばちゃんが居たのでしっかり敷地内に入る許可を頂き撮って来た。おさらいでにこの炭鉱の経緯を簡単に書くと..昭和9年金丸鉱業が開坑(一坑は虫生津・二抗は古門掛津)→一坑は出水等でボツ、二抗は好調昭和12年周辺
ALL-A blog 三菱 鞍手炭鉱
http://allxa.blog114.fc2.com/blog-entry-5.html
三菱鞍手炭鉱福岡県鞍手郡鞍手町大字古門撮影2010年5月かつて鞍手町で操業していた三菱鉱業の炭鉱遺構が、ある集落の中に残っていると聞いて、見に行ってみました。ちくまえさんによると、1934(昭和9)年に金丸鉱業が開坑し、1944(昭和19)年に三菱鉱業が買収し
炭鉱の残骸シリーズ「鞍手炭鉱」:響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2009-05-25
炭鉱の残骸シリーズです。鞍手町の古門の僕が何時もBass釣りに行く浮州池(って言っても知らんよね?)から区画整備されて無い住宅地のほっそい路地を入るとちくまえさんの情報通りに炭鉱の残骸が残っていました。住宅地内にあって邪魔ですが壊す人もいないのでこのまま残って

ピックアップ廃墟