大君炭鉱 概要・歴史

大君炭鉱は福岡県遠賀郡芦屋町にあった炭鉱。日炭高松炭鉱の第五坑。

1951(昭和26)年、日本炭鉱が大君炭鉱を引き受け、日炭高松炭鉱第五砿として大君坑を開坑。1953(昭和28)年採炭開始。1962(昭和37)年閉山。

鉱業所跡の門柱の他、現在グラウンドになっている場所に坑口跡が見られる。

状態
2019年06月01日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大君炭鉱 住所

福岡県遠賀郡芦屋町江川台

大君炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

大君炭鉱 画像・写真

大君炭鉱

大君炭鉱 ストリートビュー・空中写真

大君炭鉱 スポット

大君炭鉱 関連ブログ・参考リンク

レンガのアーチと坑口めぐり♪♪ トライスターの放浪日記/ウェブリブログ
http://tristar.at.webry.info/201007/article_1.html
日炭高松の5坑?というのが正しい言い方なのかな?それとも大君炭鉱と言えばいいのか・・・^^;どっちにしても炭鉱の坑口には違いないので今回はよしとしましょう!!(爆)おお!!あるある!!実はここにきたのは2回目です^^;半年位前に一度チラッと見に来た事があります
大君炭坑(遠賀郡)|inherit mine history
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11021986227.html
今回は、現芦屋町山鹿にありました、日炭高松第五鉱大君砿業所跡に探索に入ります(昭和32年頃の高松炭砿概況図)詳細は、後にして、昭和36年の航空写真です閉山の1年前、見にくいですが引込線らしき軌道や砿業所の所に建物が見えます硬山、スキップなども確認できますね坑口
大君炭坑の跡
http://asiya.kasajizo.com/NewFiles/y_18okimitankou.html
大君炭坑の跡-山鹿大君前に戻る大君炭坑の跡-山鹿大君バス停近くより撮影跡地はグランドになっていた。坑口跡はセメントで塞がれている80年代の航空写真です。前に戻る18大君炭坑の跡-山鹿大君(疫神社より徒歩三十分)大君炭坑の開坑は明治二十七年(一八九四)頃である。
大君炭鉱跡:響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2009-03-05
北九州市若松区の高須団地から遠賀郡の水巻町に抜ける細い抜け道がある。街が近いのにここだけ暗い道です。その道の脇にあるのは低い山の谷間に残る日炭高松炭鉱の大君工鉱業跡だ。(多分・・・)小さな炭鉱の跡だが炭鉱なんだから穴ポコがあったはずです。鉱業所のあった場所はや

ピックアップ廃墟