日鉄伊王島炭鉱は選長崎県長崎市の伊王島にあった炭鉱。 1931(昭和16)年、長崎鉱業(株)により開坑...

伊王島炭鉱

伊王島炭鉱 概要・歴史

日鉄伊王島炭鉱は選長崎県長崎市の伊王島にあった炭鉱。 1931(昭和16)年、長崎鉱業(株)により開坑...

伊王島炭鉱 画像

1970年代の伊王島炭鉱
1974-1978年 国土地理院

近くのスポット

伊王島炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://blog.goo.ne.jp/ruinsdiary/e/995737336ad2a2ef795acd0fef91e978
長崎県の長崎港から南西約10kmの距離にある伊王島。今では癒しの湯を中心に、リゾート観光の島として知られますが、かつて炭鉱で賑わった島だったことはあまり知られていません。安政五年(1858)に、長崎海軍伝習所の教官が炭鉱の様子を報告していることからも、伊王島炭
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11699084950.html
以前、長崎県探索の時寄った伊王島以前探索した時、遺構は何も確認できませんでしたしかし、やはり何も残ってなさそうなので集めた資料をアップしますまずは、昭和49年の航空写真ですやはり、多くの炭鉱施設が確認できますそして、すみません、現在の写真をブログに貼る技術があ
http://hayabusa-3.dreamlog.jp/archives/51216142.html
間もなく本土との間に橋が完成する伊王島には、昭和16年開坑の、日鉄伊王島炭鉱がありました。同37年の最盛期には人口7.600人を数え、島内には銀行、映画館、商店街などが建ち発展しましたが、47年の閉山以後、リゾートの島となり、また静かな島に戻っていました。(画
http://hirosuke.at.webry.info/201303/article_1.html
そう!ここが伊王島炭鉱の跡です上の写真の突き当り部分!注意!昔の坑道の後です。落ちないように!石垣の上には事務所が立ち並び、下の広場は洗炭場があって、トロッコに載せられ海に運ばれていたのです。※クリックすると大きくなります。下は築港といって積出港でした。工場跡
伊王島炭鉱 関連ワード
  • 炭鉱