三池炭鉱勝立坑(かっだちこう)は福岡県大牟田市にあった炭鉱。 1885(明治18)年、官営時代に開削着...

三池炭鉱勝立坑

三池炭鉱勝立坑 概要・歴史

三池炭鉱勝立坑(かっだちこう)は福岡県大牟田市にあった炭鉱。 1885(明治18)年、官営時代に開削着...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

三池炭鉱勝立坑 ストリートビュー・空中写真

三池炭鉱勝立坑 関連ブログ・参考リンク

http://allxa.web.fc2.com/archi/industry/coalmine/kaddachi.html
勝立坑(かっだちこう)は、1889(明治22)年に三池炭鉱が政府から三井に払い下げられる前、官営時代に開発された坑口のひとつである。官営時代の1885(明治18)年に第一竪坑の開削に着手したものの、湧水のために工事は難航し、1889年の自然災害で水没してしまう
http://www.omuta-arao.net/history/tanko/katudati.html
勝立坑跡大量の湧水をデビーポンプによって排水した炭坑跡1.概要年代:明治28(1898)年~昭和3(1928)年。明治の主力坑の一つ。現存遺構:第二竪坑櫓基礎見学:外観の見学は自由。所在:大牟田市勝立町2.現在残されている遺構(1)第二竪坑櫓基礎勝立坑には第一
http://blog.goo.ne.jp/ruinsdiary/e/0045c42eec94e38abe5f94e77a578a8a
今回は勝立坑です。前回までは官営時代に開削された竪坑をアップして来ましたが、今回からは三井時代に開発された竪坑です。写真は明治31年(1898)の勝立坑。勝立坑は元来官営時代に着手されていましたが、三池炭鉱の最大の大敵である大量の地下水に阻まれ、結局操業するこ
http://homepage1.nifty.com/yamada/katsudachiko.htm
勝立坑跡勝立坑は、明治中期の三池炭鉱の主力坑です。官営時代から開鑿が開始され、三井経営に引き継がれた起業地でした。ここを担当した團琢磨は物凄い量の湧水に悩まされたということです。何度も水没の憂き目に逢って、三井経営陣も巨額を投じて払い下げを受けた三池炭鉱の開発
http://blog.kyushu-heritage.jp/?eid=675459
明治28年開坑の勝立坑は三井三池炭鉱の中でも大浦坑、七浦坑に次ぎ3番目に古い坑口です。明治期の主力坑の一つとして活躍し、昭和3年に一旦閉坑されますが、昭和23年に再開坑。しかし、わずか2年で閉坑され現在に至っています。Webサイト「日本の鉱山」では、勝立坑第二
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2009-06-22
三井三池炭鉱の中で3番目に歴史のある勝立坑明治27~28年に開坑した炭鉱で、昭和初期に一度閉山しているが戦後に再び採炭を開始して他と足並みを揃えるようにして閉山した炭鉱跡だ。同じ三井三池炭鉱の宮原坑や宮浦坑のように目に付く物は残ってないらしいけど勝立公民館の裏
http://tristar.at.webry.info/201110/article_2.html
宮浦坑を後にし勝立坑に向かいます。途中宮浦浄水場がある丘からとある方を見るとこれまた気になる形をしたのが見えます。白い部分には、「2」?って書いてあるように見えますが・・・ご存知の方こそっと教えてくださいね^^;丘をおり道を走っていると左手には空函がポツンと置