三井三池炭鉱宮原坑 概要・歴史

三井三池炭鉱宮原坑は、福岡県大牟田市にある炭鉱跡。

宮原坑は、七浦坑および宮浦坑の採炭が深部に至り坑内排水の効率が悪化したことから、新竪坑を開坑したことに始まる。操業後は揚炭・入気・排水・人員昇降その他を兼ねる主力坑として年間40~50万トンの出炭を維持した。

第一竪坑は、1895(明治28)年2月に着工。1897(明治30)年3月に深度141mで着炭、1898(明治31)年3月21日に出炭開始。

第二竪坑は、1899(明治32)年6月11日着工、1900(明治33)年10月に着炭、1901(明治34)年11月には設備が完成した。

第一竪坑は揚炭、入気、排水が主であり、第二竪坑は人員昇降を主として、排気・排水・揚炭を兼ねる機能分担がなされていた。第一・第二竪坑ともに、当時世界最大級の馬力を誇ったイギリス製デビーポンプを2台ずつ備えた。

1898(明治31)年の出炭開始からすでに年間27万トンの出炭量を記録し、1908(明治41)年には三池炭鉱(大浦坑、宮浦坑、万田坑、宮原坑)の中で、宮原坑がもっとも出炭量が多く、三池炭鉱全体の28%(431,618トン)であり、次いで万田坑が377,440トンであった。明治から大正期を通じて平均して年間40万トンの出炭を維持した。

昭和初期の恐慌、不況により合理化が進められ、宮原坑も1931(昭和6)年に閉坑となった。

三井三池炭鉱関連の遺構の中で、この宮原抗第二竪抗櫓捲揚機室万田坑と共に国指定重要文化財に指定されている。第一竪抗は現存しない。

状態
2019年02月25日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三井三池炭鉱宮原坑 住所

福岡県大牟田市宮原町1丁目

三井三池炭鉱宮原坑 種類

廃鉱・採石場跡

三井三池炭鉱宮原坑 画像・写真

三井三池炭鉱宮原坑
三池炭鉱宮原坑

三井三池炭鉱宮原坑 ストリートビュー・空中写真

三井三池炭鉱宮原坑 関連ブログ・参考リンク

渚屋Archive: 宮原坑跡
http://nagisaya.seesaa.net/article/253315027.html
2012年2月21日 先週の土曜日に大牟田市にある三井三池炭鉱宮原坑跡に行ってきました。 この宮原坑 竪坑櫓は隣の荒尾市にある万田坑竪坑櫓と共に、大牟田荒尾地区に残る代表的な炭坑 遺構になります。九州の旧産炭地で、ここまで完全な形で竪坑櫓が
三池炭鉱宮原坑跡
http://www.mizumidori.jp/minka/083.htm
所有者の変遷, 三井鉱山→大牟田市 建物の使われ方, 現在、第一坑はすでに消滅し 、坑口に鉄鋼をかぶせて立入禁止となっている。 今後の展望, 炭鉱の廃坑跡は 北海道や九州に多いが「重要文化財指定」はこの三池炭鉱宮原坑が初めてであった。
大牟田市近代化遺産めぐり (三池炭鉱) - カラフルな世界、モノクロの
http://blogs.yahoo.co.jp/shimousanagareyama/14714024.html
2013年9月7日 大牟田というと、福岡県南端の都市で鹿児島本線の主要駅のひとつという認識しかありませんが、 三井三池炭鉱という言葉が出ると印象が変わってきます。 宮原坑にはボランティアガイドの方たちがいて、単独行の私にも声をかけていただきました。 廃坑になり地下水位が戻ったため、大...
廃色melancholy 三井三池炭鉱 宮原坑その1
http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-399.html
三井三池炭鉱宮原坑(第二竪坑櫓)宮原坑では、三池集治監(刑務所)に収監されていた囚人たちが採炭作業に従事し、その厳しい労働から別名「修羅坑」とも呼ばれていました。現在は第二竪坑の施設しか残っていません。参考:大牟田市公式HP宮原坑の竪坑は、万田抗よりは幾分か小
情景探索記 宮原抗(4) -三井三池炭鉱-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-461.html
FH000029_20100207231016.jpg. Nikon newFM2 + Sigma 15-30mm F3.5-4.5DG Kodak T-MAX 400. FH000035.jpg. Nikon newFM2 + Cosina 24mm F2.8. Kodak T-MAX 400. FH000037.jpg. Nikon newFM2 + Nikkor Ai 50mm 
情景探索記 宮原抗 -三井三池炭鉱-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-458.html
宮原抗 -三井三池炭鉱-. この宮原抗は三池炭鉱の中でも古い歴史を持つ抗で 1898年(明治31年)に開坑し明治~大正時代、三池炭鉱の主力坑となり 1931年(昭和6年)に閉坑しています ただし、閉抗後も第二竪坑櫓の設備は坑道の排水 
情景探索記 序章:日本最大の炭鉱 -三井三池炭鉱-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-457.html
出した炭鉱でもあるのです。 miyahara006.jpg. Nikon F3 + Sigma 15-30mm F3.5-4.5DG Kodak Ektachrome E100VS 現在も坑口跡が数箇所残っているのですが 今回ご紹介するのは宮原抗という坑口跡。 三井三池炭鉱は長丁場になり 
三池炭坑宮原抗跡
http://c5557.kiteki.jp/html/miike-miyaharakou.htm
大牟田市近代化遺産一斉公開宮原坑・三池鉄道廃線跡 宮原坑跡見学の後は万田抗跡までの三池鉄道廃線跡ツァーに参加。 水道橋として使われている諏訪川橋梁。 鉄橋の南詰から築堤の廃線跡へ。 線路跡に敷かれているのは石炭運搬用コンベアーの 
廃墟&近代化遺産(宮原坑でも遊ぶ):響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2008-02-16
美しい竪坑櫓の残る宮原坑跡これほど炭鉱らしい立派な遺構が残っている場所は珍しい!これを美しいと思えるようになると一人前なのだ。かなり住宅地の中にあるので場所がわからずに道行く人に尋ねると、「この道行けば見えるよ」って言われて不安ながら走ってみると確かにこれは、
三井三池 宮原坑と万田坑跡地 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/135.html
三井三池の宮原坑が月一回一般公開されているので職場の先輩を引きずり込んで(笑)見て来た。三井三池炭鉱宮原坑1898年開坑、現在残っている第二坑は1901年に開坑し、当時は囚人専用?のヤマでもあった。第二坑の主な役割のひとつは坑内水の排水であり、強力なポンプで排
宮原坑跡 : 渚屋Archive - ライブドアブログ - Livedoor
http://blog.livedoor.jp/yung928-archive/archives/20050025.html
先週の土曜日に大牟田市にある三井三池炭鉱宮原坑跡に行ってきました。 この宮原坑は近くの三池集治監(国が管理する重刑犯を収容する施設。刑期12 この第二竪坑は宮原坑が廃坑後も排水に使用されていた為残ったという事です。

ピックアップ廃墟