槇峰鉱山 概要・歴史

槇峰鉱山は、宮崎県延岡市にあった鉱山。銅および黄鉄鉱が採掘されていた。

江戸時代に採掘が始まり、1889年に三菱鉱業の経営となってから本格化、かつては映画館や学校、商店街もあったが、1967年に閉山した。

大規模施設については基礎部分の遺構しか残っていないが、社宅跡や商店跡などが見られる。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

槇峰鉱山 住所

宮崎県延岡市北方町菅原

槇峰鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

槇峰鉱山 関連ブログ・参考リンク

高千穂鉄道(TR)関連 「槇峰鉱山跡」の様子1 【てげよかドットコム】
http://tegeyoka.com/zatsugaku/zatsu_taka_mmk_01.html
廃坑後の槇峰(まきみね)鉱山とは? 槇峰鉱山とは、宮崎県延岡市(合併前は東臼杵郡 )北方町付近にあった鉱山です。 歴史は古いですが、昭和期に三菱金属の管轄となり、 昭和41年頃に閉山となったようです。 TR槇峰駅にほど近く、当時は槇峰駅まで鉱物を

ピックアップ廃墟