大滝ランド

伝説の宗教レジャーランド

大滝ランド(おおたるらんど)は、静岡県賀茂郡西伊豆町にあるレジャー施設跡。「O滝ランド」「大○ランド」等として紹介されていることもある。

温泉ホテルをメインとした娯楽施設として1980年代に建設されたが、肝心の温泉が出ず、また立地的も不便なこともあり、間もなく閉鎖されてしまった。

現在は別施設として再生されているらしく、廃墟ではない。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大滝ランド 住所

静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里

大滝ランド 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

大滝ランド 画像

大滝ランド 写真・ブログ・リポート

大滝ランド跡
http://www.funkygoods.com/hai/ohtaki/ohtaki.html
当初、温泉ホテルをメインとした娯楽施設を建設したのであるが、肝心の温泉が出ず、 また立地的にも極めて不便な場所であることもあり、間もなく閉鎖されてしまう。 . 大滝 ランドの廃墟はちょっとばかり趣味に合わなかったのだが、大滝は一見の価値がある。
もう一つの大滝~仁科の大滝ランドを訪ねる
http://kodou.lolipop.jp/otaki.htm
すでにネットでは秘境や廃墟系のサイトでかなり紹介されているので、ご存じの方も多い でしょう。私もその存在は知っていました。が、いざ行くとなると、あまりアクセスについて はぴんと来なくて、行けなかったのです。それに、滝の手前には大滝ランドという
渓流の廃墟 - 伊豆半島渓流紀行 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/jyfyj092/3600269.html
2010年2月28日 私が目にした「渓流の廃墟」は、仁科川の大滝ランド、同じく仁科川上流の金鉱山入口、 白川の鉱山の木造廃屋、持越川の持越鉱山跡、清越川の清越鉱山跡などである。この 中では特に大滝ランドの怪しげなたたずまいが印象深い。
廃墟半島
http://homepage3.nifty.com/ruinfan/2000kriha/izu2.html
そこから、県道に入り「大滝ランド」を探しに伊豆半島の内陸部へと車を進めました。情報 ではその県道の左に見えると言う事だったの 木造」の廃墟と言う意味では、余りの 素晴らしさに感動すら覚えました。もし現在この建造物を、木で作ったならすごいコストが
秩父の不動明王
http://f13.aaa.livedoor.jp/~photo/daibutu/fudoumyuou.html
私は以前、伊豆の山奥にある”有名な廃墟”大滝ランドへ巨大な不動明王を見に行こうと したら、既に取り壊された後だったという苦い思い出がある。このとき「存在するうちに 訪問して写真を撮っておくものだ」と痛感したものだ。 最近、秩父の山奥にユニークな
NEWS
http://www3.tokai.or.jp/amagi/05-16.htm
そのパンフには8つの著明な滝の案内が出ていました。 しかし概略図のため、滝への アクセスはさっぱり分かりません。 その後、大城部落の案内板から林道に入った先に 大滝があるらしい? と言う事で其処へ入って行くと、廃墟で有名な大滝ランドがありま した。
花火実験レポート
http://www.webvanda.com/2011/03/post_10154328.html
場所は西伊豆にあった大滝ランドという廃墟となった遊園地。 仏教テーマパークで、巨大な大仏などが放置されていると聞き、それも見学に行ったのだが、大仏は既に撤去されていた。しかし草むらの中に仏像が多く打ち捨てられていて
仁科の大滝
http://sugimoto.cocolog-wbs.com/blog/2008/08/post_f6a7.html
方が多いのではないでしょうか? この滝は「大滝ランド」跡地の私有地を抜けなければ行けないのと 滝に通じる道が荒れたままになってて 町でも観光案内してないので知名度が低い為です。 ※大滝ランドって廃墟マニアには有名らしいですが、現在でも管理
【日本走覇】No.4-23 伊豆熱川温泉旅行  2011.7.9-10
http://www.drive-ns.com/4/4-23/4-23-1.html
この先には「大滝ランド」っていう、1980年度くらいに営業していたテーマパーク跡ががあります。今は隣接して釣り堀だけやっているのかな?既にもうテーマパークの施設類は取り壊されていて、基本的には更地。だけども草木に覆われたホテルはちゃんと今も残っています。…廃墟
廃墟explorer 「大滝ランド」
http://www2.ttcn.ne.jp/hexplorer/otaru.htm
物件No.12 「大滝ランド」 静岡 2000/9/22公開 2001/6/23改定. 「過ぎ去りし楽園」. 構想十数年、かつて「ビックコミックスピリッツ」誌の相原コージの、記事によりここの存在 を知りました。当時は、インターネットなど無く、情報は「南伊豆の真ん中」としか・・・。
30万HIT記念「新大滝ランド」
http://www2.ttcn.ne.jp/hexplorer/sinootaru.htm
廃墟Explorer30万アクセス感謝感激企画 「大滝ランドへご招待しちゃいます!!」 2002.06.03改訂(4画像追加). 廃墟Explorerも皆様のお陰をもちまして、遂に30万HITを記録する事が出来ました。そんな皆様に感謝をこめて、バーチャル「大滝ランド」へご 
O滝ランドその1
http://www5f.biglobe.ne.jp/~punch-ht/haikyo/h050001.html
ここは1980年代の末頃、一部の雑誌などで紹介され、知る人ぞ知る珍スポットだったのですが、その後「ビッグコミック・スピリッツ」誌の企画頁で取りあげられ、一気に全国レベルの知名度となりました。このスピリッツの記事を見て訪れた人はずいぶん多かったはずで、実際、私が
伊豆半島周辺の心霊スポット&廃墟
http://makai2007.web.fc2.com/s2oomaruranndo.htm
大○ランドオオ○○ランド●静岡県某所。1980年代に設立された温泉施設をメインとしたテーマパークだが、肝心の温泉が出ないうえ、立地的にも不便であったために、間もなく閉鎖。管理者は何度か変わっているが、現在も敷地内に居住している。廃墟フリークの間での知名度は高い
廃墟集1 ドシャブリのO滝ランド(西伊豆)
http://happytown.orahoo.com/phphope/view/v_genre_view2.php?SearchStrings=&UserID=47825&PageNo=3&GenreNo=1&XUserID=47825&SearchGenreNO=&VGenreNo=&GenreOID=194822&DataNo=56&GenreName=
廃墟集1ドシャブリのO滝ランド(西伊豆)2006/09/262005年10月行ってきました伊豆有名廃虚地「O滝ランド」です。運悪く台風接近の大雨と重なってしまいました。事前調査の情報では「管理人のオヂサンがいてしっかり管理されている」「しかし管理人はとても気さ
B級バカンス 大滝ランド再び
http://vacances2007.blog119.fc2.com/blog-entry-187.html
出てきましたよ、大滝ランド。1980年代の終わりに仏教テーマパーク?として開園したが温泉を掘ったが湧き出ず、場所が山奥過ぎて人も集まらず、ホテルは埋まらず、、、すぐに廃園となり、そのまま放置され、廃屋スポットとして全国に名を轟かせた迷所です。ランドのいたるとこ
大滝ランド跡 - 波多利朗のFunky Goods
http://funkygoods.com/hai/ohtaki/ohtaki.html
写真5.園内には仁科川の支流が流れており、所々にこのようなアーチ型をした橋が架かっている。この川の上流に、40mの落差がある大滝がある。この写真は、園内の外れにあるオートキャンプ場付近から、入り口近くにあるホテル
電氣菩薩|温泉×酒÷音楽≒テディ熊谷
http://ameblo.jp/kumaru0708/entry-10882840743.html
「大滝ランド」は一般的にはキャンプ場、あるいはレイヴパーティの会場などとして知る人ぞ知るスポットであったことがあるが、実はそれ以前にカルトスポットとして伝説の地位を築いていた。なぜ伝説なのか。それは営業される前に倒産した、一大宗教テーマパークだったのだ。ぼくは
FP渡辺のちょっといいはなし : 大滝ランド
http://blog.livedoor.jp/rikiyasan3445/archives/5151377.html
いつのまにか「ネイチャービレッジおおたき」ってなってました、もちろん特徴的なオブジェはもうありません。