北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱) 概要・歴史

北炭夕張炭鉱第三鉱新夕張炭鉱)は北海道夕張市にあった炭鉱。

1888(明治21)年に坂市太郎が露頭を発見。1899(明治32)年に谷七太郎が谷新夕張炭山と称して本格的に採掘を開始した(1902(明治35)年とも)。

1906(明治39)年、石狩石炭が新夕張、若鍋炭鉱を借り受け事業を継承。1908(明治41)年1月、石狩石炭新夕張砿五番坑でガス爆発、死者93名負傷者22名の惨事となる。1920(大正9)年1月、石狩石炭会社が北炭に合併される。

1963(昭和38)年、北炭としては終堀、新夕張炭鉱株式会社が北炭の鉱区を譲り受け稼行したが、1971(昭和46)年に閉山となった。

現在レーニアスキー場となっている地図位置付近に、ブロックで密閉された橋立坑坑口および松島坑(七番坑)が残るという。

関連遺構に神通坑(第五斜坑)がある。厳島抗の位置詳細等は不明。

状態
2019年05月29日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱) 住所

北海道夕張市本町

北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱) 種類

廃鉱・採石場跡

北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱) ストリートビュー・空中写真

北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱) スポット

北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱) ブログ・リポート

夕張炭鉱 松島坑跡  探検: 北の細道
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top1900.html
夕張炭鉱松島坑で冷泉を浴びる北海道夕張市物干しロープ、鉄塔に繋がる送電線や、炭鉱なら架空索道に下がる索条。これらは両側2点の支点間の間、緩やかな曲線をもってぶら下がる。これがカテナリー(ラテン語「カテーナ」=絆)曲線(懸垂曲線)と呼ばれるものだ。一般に静止した
夕張炭鉱跡 松島坑 探検
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top1901.html
冷泉の噴き出す坑口閉山からそろそろ40年近くが経過し、炭住街はずいぶん少なくなってしまったが、夕張は谷間に犇めき合う建物が印象的だ。閉山後の「炭鉱から観光へ」。街のこの一環の取り組みの一部が、マウントレースイスキー場だ。標高702.8mの冷水山の麓に広がるリゾ
北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱)
http://www.asahi-net.or.jp/~re4m-idgc/YUUBARIZD.htm
北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱)北炭夕張第三鉱の区域は明治21年に坂市太郎が露頭を発見、明治24年試掘許可を得ました。その後、明治32年に谷七太郎が谷新夕張炭山として本格的に採掘を始めました。明治39年、石狩石炭が新夕張、若鍋炭鉱を借り受け事業継承、新夕張五番
「2011 夕張徹底探索1 新夕張炭鉱松島坑坑口」: 「そらとらてとらぶ~」
http://lovelatte.seesaa.net/article/201872581.html
これは5つ目のところですねぇ~順不同でいきます♪なんと、川底は真っ白になっています!こんなに真っ白!!こういうのをみるとワクワクしますね♪この白い流れに萌え萌えキュンキュンするひとは多いのではないでしょうか!笑そういえば、白さで言えば、白い竜もたまりませんでし
北炭夕張炭鉱  松島坑 - ちょっと探険な日記
http://tankennori.blog.fc2.com/blog-entry-91.html
松島坑口内へと突入!!雪が深かった為、スノーシューでのアタックとなった。途中に橋立坑の坑口そしていよいよ松島坑口内へと突入を試みる残念ながら密閉されてました。
松島坑坑口
http://www.ne.jp/asahi/shandi/onsen/center2/c81.htm
松島坑坑口の硫黄冷鉱泉
エアぶろ 新夕張炭鉱松島坑坑口・1
http://nonintheair.blog78.fc2.com/blog-entry-1359.html
松島坑坑口です!!ここはもう、5年くらい探していて行きたかった場所です。水が溢れている様子、木の封鎖、崩れ具合ずっと憧れていましたが、今回とうとう、側に行くことができました!
夕張の炭鉱
http://www.geocities.jp/tokimekimemorial_123/tankou/yuubari/tankou_yuubari.html
新夕張炭鉱松島坑▲坑口▲坑口▲坑口
北炭新夕張炭坑跡~夕張ばりばり探索1~ - 北海道 秘境・自然 旅日記
http://blog.goo.ne.jp/ikeboo2011goo/e/b675ed59922c287833b3ff11940308d6
ではでは早速、新夕張炭坑の「橋立坑坑口」です。坑口は煉瓦?と土嚢で完全に密閉されてました。次は「松島坑坑口」です。でたーっ!!周りは強い硫黄臭が立ち込めています。そしてこの色!なんて素晴らしいんでしょう!
夕張の歴史 : 夕張ヘリテージ・アクト ーYubari Heritage Actー
http://blog.livedoor.jp/yubariheritageact/archives/cat_98401.html
この中に松島坑、橋立坑があるが時期が悪い。なので以前撮影の画像を添付する。松島坑橋立坑絵葉書から1枚新夕張炭山練化場より木挽場を望む(明治末期頃)次に選炭場附近と鉄道橋。選炭機は、シホロカベツ川に面した斜面を利用して安達太郎が設計者した。英国「ジンマー式スクリ
厳島抗 | ちょっと探検な日記
http://black.ap.teacup.com/isan/402.html
やっと見つけた厳島抗の坑口、もう何回リベンジしたことか見つけた瞬間に思わず、やった~と大声で叫んでしまいましたよいつも思うんだけど探索に限らず、物事って楽をしちゃ駄目ですね。入念な情報収集と、納得いくまで何回も足を運ぶことこの行動こそが、何れ大成果につながりま

ピックアップ廃墟