鷲合森鉱山

山中に残る選鉱場跡と秘湯

鷲合森鉱山(わしあいもりこうざん)は岩手県和賀郡西和賀町にあった鉱山。

金・銀・銅・鉛・亜鉛・硫化鉄が採掘された。

明治37、8年頃に稼働。奥地のため輸送に問題があり大正14年に休山。同年、三菱鉱業株式会社が買収、昭和4年に索道が完成。昭和25年、三菱鉱業より金属部門が分離した太平鉱業株式会社の経営となる。昭和27年、三菱金属鉱業株式会社と改称。昭和29年トラック輸送道路が完成。昭和40年代にかけて最盛期を迎える。資源涸渇により昭和47年閉山。

鷲合森小学校があったらしい(昭和47年閉校)。

往時は学校や住宅の他、野球場や映画館もあり、建物が廊下でつながっていて冬季でも楽に移動できたという。

選鉱場の石垣や坑口跡、沈殿池などが残る。

付近にある見立の湯(見立温泉)は、元は鷲合森鉱山の鉱山事務所内にあり、建物が取り壊された後も湯船は元のものを使っているらしい。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

鷲合森鉱山 住所

岩手県和賀郡西和賀町鷲合森

鷲合森鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

鷲合森鉱山 画像

鷲合森鉱山

鷲合森鉱山 写真・ブログ・リポート

鷲合森(湯田町)
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/03.Iwate/Yuda_Washiaimori.html
◆鷲合森(わしあいもり)※この地図は、参謀本部発行の1/50,000地形図「川尻」(昭和20)を使用したものである所在:西和賀町(国有林)地形図:三界山/川尻形態:谷沿いから尾根筋にかけて家屋や施設が集まる標高:約700~800m訪問:2017年5月旧町域の南
鷲合森鉱山(岩手県)
鷲合森鉱山(岩手県)
http://www.ja7fyg.sakura.ne.jp/kouzan/wasiaimori/wasiaimori.html
鷲合森鉱山岩手県和賀郡湯田町鷲合森浅熱水性○れ○充填鉱床鷲合森鉱山は、湯田町でも規模の大きな鉱山であったが地理的に不便な場所と冬の積雪が多く開発は大変であった、明治37年頃に採掘が始まり本格的には昭和に入って三菱金属鉱業の経営になってから昭和28年~昭和46年
林道 鷲合森鉱山跡 - hataさんの書き込み - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/hatake1963/62671507.html
南本内から秋田に抜けれなかったので鷲合森鉱山跡にタフ゛ンその日は誰も通っていなかったのか毛虫が道路の上の木から糸を張って宙ぶらりんとしている避けて通るんだが、避けれないときは当たってしまう気持ち悪い・・・・何度も走行中に振り落とすんだがうまくいかない参りました
夏油スキー場から行く鷲合森鉱山跡 - hataさんの書き込み - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/hatake1963/63086124.html
以前から計画していたもの昨年、ある方のブログに鉱山側から丸子峠までの往復を記載していたかなり難儀していた模様昔は林道が在ったらしいが、今ではやぶみたいと言うことで私も通ってみたかったが、藪漕ぎは難しい間違えないとは思うが、くま、蛇、その他で危険を感じるその点、
見立の湯 2014年10月再訪 - 温泉逍遥
http://blog.goo.ne.jp/onsen_shouyou/e/68420fa65aab6c7c4f7effe5fc86ad4d
当地を訪れた他の温泉ブロガーさんが仰られているように、鷲合森鉱山の操業時、ここには鉱山関係者の施設があり、上屋は解体撤去されたのですが、湯船だけが残って現在に至っております。大人数を収容する建物があった場所ですから、今でもこのまわりはちょっとした広場になってい
秘湯紀行  (岩手県西和賀町・見立温泉)
http://www15.plala.or.jp/imokusa/hitou.html
後で聞いた話ですが、ここの温泉はもともと建物の中にあったそうで、その建物を取り壊すときに湯船だけはそのままの状態にしておいたのだそうです。建物は、この奥にあった鷲合森鉱山の事務所だったらしいのです。それで、湯船がタイル張りの訳が分かりました。

ピックアップ廃墟