松尾鉱山(まつおこうざん)は岩手県岩手郡松尾村(現・八幡平市)にあった鉱山。主な鉱物は硫黄で、黄....

松尾鉱山

松尾鉱山 概要・歴史

松尾鉱山(まつおこうざん)は岩手県岩手郡松尾村(現・八幡平市)にあった鉱山。主な鉱物は硫黄で、黄....

松尾鉱山 画像

松尾鉱山の緑ヶ丘アパート(2019年8月)
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
巨大な煙突跡
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

松尾鉱山 ストリートビュー・空中写真

松尾鉱山 関連ブログ・参考リンク

http://www.pluto.dti.ne.jp/~rutakebe/photos/200208_01/200208_01_01.html
上の写真はそのアスピーデラインから、松尾鉱山を下に臨んだ光景です。ここから見ると 、とても廃墟には見えません。僕のバイクの近くに茨城から来た家族連れが車を止めて 、一緒に景色を見ていたのですが、「あれ、全部廃墟ですよ」と教えると驚いてました。
http://kiokuya-haikyo.versus.jp/ruins/mine/matuo2/matuo2-1.html
廃墟写真、松尾鉱山の写真です。記憶屋廃墟のドイテフが岩手の松尾鉱山にやってき ました。
http://homepage3.nifty.com/rurounotami/ruins_matsuo_1.htm
栗原 亨さんの「廃墟HAZARD」をご覧ください。 松尾鉱山 1. (はじめに) ~全国山村 振興連盟HP 松尾村より引用 松尾村誕生から平成を迎えるまで、100年間の歴史で 特筆されるのは松尾鉱山半世紀の盛衰である。 明治15年、松尾の人佐々木和吉氏が 硫黄
http://home.f01.itscom.net/spiral/matsu/matsu01.html
アメリカンテイスト廃墟 近代建築 某競馬場廃墟. 解体される戦争の記憶 旧日本陸軍 兵器工場 275号館. まわりつづける観覧車 甲賀ファミリーランド. もう二度と逢えない かわいい兄弟 奥多摩ロープウェイ. 高原の鉱山アパート、廃校 松尾鉱山. 巨大パラボラ
http://home.f01.itscom.net/spiral/matsuo2/matsuos1.html
呼称・松尾鉱山(再訪) 場所・岩手県岩手郡. 東北の軍艦島を再訪。 晩秋 緑ヶ丘 アパー
http://www23.tok2.com/home/pom1/garakutaclub/matuokozan.html
POM特集 松尾鉱山跡を望む POM遺産 第00004号(廃墟部門). ~~~最盛期の 人口1万人……今は荒涼とした廃墟群が残るのみの”雲上の失楽園”~~~. 東北道 松尾八幡平ICから八幡平アスピーテラインへ……。 岩手県の八幡平アスピーテラインを 秋田
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/35611391.html
2008年1月15日 廃墟としても素晴らしい松尾鉱山ですが、 松尾鉱山に残る廃墟群は、国有林地内の 為に立入禁止となっています。 . 大谷鉱山跡地堆積場からの鉱滓の流出について 3月 11日に発生した東日本大震災の影響により、大谷鉱山(宮城県
http://semi-mechanized-unit.air-nifty.com/blog/2010/09/09-2100.html
尾去沢 とセットで見学しておきたい廃鉱・松尾鉱山です。 松尾八幡平ICから県道45号・県道23号の高原ルートを登ると このブログに載っけてるのだけでも、 土肥金山(静岡) ・ 生野銀山(兵庫) ・ 夕張炭鉱(北海道) ・ 軍艦島(長崎) ・ 別子銅山
http://basshead.seesaa.net/article/122801353.html
松尾鉱山に付随する廃墟群を徘徊してきたご報告、先週までの生活学園 ショーにしましたので、よかったらご覧ください。 【松尾鉱山の最新記事】 松尾鉱山:緑ヶ丘アパート(5) 松尾鉱山:緑ヶ丘アパート(4) 松尾鉱山:緑ヶ丘アパート(3) 松尾鉱山:緑ヶ丘アパート
http://www.acupclub.com/world/n_tohoku/travel.htm
松尾鉱山廃鉱跡 アパート群, 東北最大のリゾート地のひとつ八幡平へ向かう途中に、 その昔栄華を極めた松尾鉱山の廃墟があることを知る人は少ない・・・・。30年前までは イオウなどが採掘され、数万人の人々が生活をする、華々しい地区であった。鉱山労働 者
http://blogs.yahoo.co.jp/kfuji_taxi/42301128.html
2005年3月20日 緑ヶ丘アパート群や学校の建物は相変わらず廃墟をさらけ出したまま(写真2枚目)。3 年前に中に入って見た時の写真はHPで紹介済みだがとても気味悪く、今日は学校だっ た建物の一部に入ってみた(写真3枚目)。3年前に来た時よりも
http://ameblo.jp/aisekai25/entry-10896746632.html
廃墟マニアの 友達は風力発電も研究してます。 廃墟っていうのは泣けるんですね・・・!!昔そこに 生活があったから・・泣けるんです・・・ わたしも行川アイランド
http://wing.zero.ad.jp/~zbc54213/matuo01.html
松尾鉱山の発見は1882年(明治15年)というから他の鉱山と比べて遅い方かもしれ ない。試掘や . L写真の建物は松尾中学校の元体育館。閉山後は長く「生活学園」( 盛岡大学関係らしい)という学校が運営されていたらしいがいまはそれも閉校。R写真は
http://ameblo.jp/6blogs/entry-11100662394.html
2011年12月30日 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 121 松尾鉱業株式会社 松尾鉱山 関連遺構群. 東北三大 .. この学校に通学していた生徒達はそれぞれの家族の転居先 で新たな区域指定の学校に通う事に成り、1970年には最後の卒業生を送って廃校。 . 東北自動車道松尾八幡平ICを下り、県道45号線を八幡平方面へ。
http://www.geocities.jp/junjikin/matsuo1.htm
その数年後、日立へ就職し職場サークルで絵を描くことになった時、あの松尾鉱山へ 出掛けました。するとそこは、すでに廃鉱となっていました。 その廃れていく様を、毎年 描き続けました。国敗れて山河あり。大自然は人間の営みをじっと見ていたのです。 だから「
http://www.page.sannet.ne.jp/m-shina/talk/2008/04/d28-2.html
2008年 4月28日、東北・北海道方面の旅行中に、岩手県の松尾鉱山の廃墟群を訪れ ました。 すでに廃鉱となった松尾鉱山ですが、坑道からはいまだに鉱毒を含む多量の 湧水があり、下流の自然環境に深刻な影響があるため、多額の費用を投じて中和処理
http://www.geocities.jp/tokumura4820/newfile106.html
2007年10月14日 御在所温泉、いっぷく茶屋. 八幡平アスピーテライン、紅葉. 御在所沼、紅葉. そこから 折角だからと右折し、少し走ると、跡地が見えてきます。一時は栄えた松尾村も、すでに 廃墟と化しており、栄枯盛衰を感じさせる佇まい(12:30~38)。
http://soukublog.blog113.fc2.com/blog-entry-731.html
これらの出来事は全国の硫黄鉱山に打撃をもたらし、廃鉱へと向かわせました。松尾鉱業株式会社も1969(昭和44年)に会社更生法を受け採掘を打ち止め、労働者らも解雇され、事実上の閉山となります。そして1972(昭和47)年、ついに鉱業 
http://homepage2.nifty.com/buratto/touring/touring01.htm
中里町(旧・小泊村)側から走っていくと、北海道の日本海側、積丹あたりの海岸線のような雰囲気があります。北海道なら が、街の雰囲気が何か違う、廃墟なのです。 山梨県南都留郡冨士河口湖町から鳴沢村にかけて樹海。ここには広大 静岡県駿東郡清水町にある公園。 . この看板は、掲示している下水処理場の給水塔の老朽化や美川町の市町村合併に伴い、2010年12月に撤去されたため、現在は見ることができません。
http://umemado.blogspot.com/2010/06/blog-post_14.html
栄枯盛衰 松尾鉱山. 岩手山をバックに雄大な景色の中を行く客貨混合列車 1966.3.2. 国鉄花輪線の大更駅から、硫黄採掘の松尾鉱山がある東八幡平駅まで、松尾鉱業鉄道が走っていた。 乗換駅大更のホームには「国立公園八幡平登山口」の看板があり、鉱山町に住む従業員や家族の足だけでなく、八幡平を訪れる観光客の重要な足 東洋一を誇る硫黄鉱山が栄え、昭和30年頃は標高1000mの地に鉱山町(雲上の都市)が栄え、その後急速に衰えて倒産、廃坑、廃墟となる悲惨な松尾鉱山の歴史。
松尾鉱山 関連ワード
  • (*^_^*)
  • 2011年
  • 2017年
  • 5月1日
  • 8月
  • 8月13日
  • いい
  • うっとり
  • オフピステ
  • キハ51
  • キハ52
  • テロ
  • バス
  • ピーク
  • ボルテージ
  • 一気に
  • 三回
  • 下車
  • 不動の滝
  • 休み
  • 作者
  • 八幡平市
  • 写真
  • 出掛けた
  • 北上川
  • 向けて
  • 場所
  • 多い
  • 大黒森
  • 好摩
  • 子ども
  • 存在
  • 宿
  • 屋棟岳
  • 展望
  • 廃墟
  • 建てられた
  • 引き寄せ
  • 往時
  • 思い出
  • 施設
  • 昭和36年
  • 来て
  • 松尾歴史民俗資料館
  • 松尾鉱山資料館
  • 松尾鉱山跡
  • 松尾鉱山鉄道
  • 概要
  • 法則
  • 流れる
  • 湯沢市
  • 滑り
  • 生活
  • 登場
  • 目的地
  • 眺める
  • 硫化鉄鉱
  • 硫酸
  • 確かに
  • 祭り
  • 紹介
  • 終わり
  • 絵灯籠
  • 続き
  • 老生
  • 花輪線
  • 褐鉄鉱
  • 解説
  • 警備
  • 資料館
  • 鉱山
  • 閉山
  • 露天掘り