西川鉱山 概要・歴史

西川鉱山は新潟県東蒲原郡阿賀町(旧・上川村)にあった鉱山。

江戸末期に金・銀・銅鉱として採掘されたらしい。明治21年に白岩鉱山と称して白岩において金・銀・鉛鉱を採掘した。明治42年には芳小屋鉱山として金・銀・銅鉱を目的として試掘したが中止。大正4年、飯田虎太郎氏が西川鉱山と改め亜鉛および銅を採掘した。

その後鉱業権は転々とし、昭和24年に日興産金合資会社が設立され金・銀・銅・錯・亜鉛・硫化鉄鉱が採掘された。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

西川鉱山 住所

新潟県東蒲原郡阿賀町広谷

西川鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

西川鉱山 関連ブログ・参考リンク

新潟県東蒲原郡西川鉱山
黒鉱鉱.床調査報告
https://www.gsj.jp/data/bull-gsj/04-01_04.pdf

ピックアップ廃墟