昭和9年7月、日本炭礦(日産コンツェルン)が三好鉱業と大君鉱業を買収し遠賀鉱業所とする。「日炭高松...

日炭高松炭鉱

日炭高松炭鉱 概要・歴史

昭和9年7月、日本炭礦(日産コンツェルン)が三好鉱業と大君鉱業を買収し遠賀鉱業所とする。「日炭高松...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

日炭高松炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://nittan1971.web.fc2.com/index.htm
日炭高松炭鉱の記憶TheMemoryofNittan-TakamatsuTankou(coal-mine)===昭和9年・1934⇒昭和46年・1971===福岡県遠賀おんが郡水巻町と北九州市若松区にあった、日本炭礦株式会社・日炭高松炭鉱の歴史と思い出我が故郷
https://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11198869412.html
今回は中間市のすぐお隣の遠賀郡水巻町へと探索に入ります水巻町最南側には、日炭高松炭鉱第一砿がありました一砿の全景です少し北側の常盤坑がある場所が写ってませんでは、航空写真で確認してみましょう(昭和49年の航空写真です)閉山から8年経った、一砿確認できるのが1番
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/450.html
東水巻駅北東横の工場地区はその昔日本炭礦の第一坑があって掘り出した原炭は筑豊本線複々線部分を桟橋(跨線橋)にて線路向こうの選炭場(現在は公営団地)へ運んでいた。現在は当時の面影も何も無いので以前はどんな状態だったか判る貴重な画像を『日炭高松炭鉱の記憶』の管理人