大樹町旭浜トーチカ群 概要・歴史

北海道広尾郡大樹町の旭浜にある第二次世界大戦中に作られたトーチカ群。

太平洋戦争末期の1944(昭和19)年に建設されたもので、波打ち際近くに約200m間隔で1号~8号トーチカの8基が並んでいる。

状態
2019年06月11日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大樹町旭浜トーチカ群 住所

北海道広尾郡大樹町旭浜

大樹町旭浜トーチカ群 種類

軍事施設・戦争遺構

大樹町旭浜トーチカ群 ストリートビュー・空中写真

大樹町旭浜トーチカ群 スポット

大樹町旭浜トーチカ群 ブログ・リポート

大樹町旭浜トーチカ群
http://www.geocities.jp/kkktkh/sennseki/asato-tika/asato-tika.html
大樹町旭浜トーチカ群. asato-tika.jpg 旭浜に立ち並ぶトーチカ群。歴舟川から漁港 にかけて8基が残されていますが、 8号だけ見つけられず、1~7号トーチカのみの紹介 となります。 第二次世界大戦中に、アメリカ軍の上陸に供えて設置されたトーチカ。
十勝沿岸のトーチカ群
http://jm-hokkaido.sakura.ne.jp/san-06.html
広尾郡大樹町の旭浜の集落から海岸線を歴舟川河口へ向かって歩いていくと、小窓が 不気味なコンクリートの建造物が立ち並ぶ。これらは、終戦直後の昭和19、20年 にかけ、アメリカ軍上陸を防ぐ目的で作られたトーチカである。これらは一度も使われる ことも
トーチカ 戦跡の現状と保存運動《1》
http://www.tokachi.co.jp/kachi/jour/03tochika/1.html
大樹町旭浜の海岸に残るトーチカ群。旧日本 道東防衛を担当した陸軍の第七師団( 当時は帯広)は、大樹町では1944年の夏から秋にかけて突貫工事で多数のトーチカを 築いた。 トーチカは艦砲射撃などの爆風を避けながら軽機関銃などで応戦する陣地だ。
大樹町 旭浜 トーチカ群 : yuhipop
http://yuhipop.seesaa.net/article/274642921.html
2012年6月12日 大樹町 旭浜 トーチカ群 ,見つけてくださった方、はじめまして。twitterからいらっしゃった 方、ありがとうございます。デジタル一眼の全盛期にあえてフィルムカメラで撮ります。 フィルム:デジタル:iPhone、8:1:1 位で・・・。
旭浜トーチカ8 - So-net
http://www016.upp.so-net.ne.jp/fortress/tokachi/asahihama08.htm
2012年8月25日 旭浜漁港の駐車場から、400mほど砂浜を北上すると、護岸工事の施された斜面にとけ込むように、このトーチカが残 十勝陣地の場合、崖上から転落しても倒壊しないほど頑丈に築かれているが、勇払陣地の鵡川河口トーチカは倒壊して 
十勝海岸の防御陣地 - So-net
http://www016.upp.so-net.ne.jp/fortress/tokachi/tokachi.htm
2012年8月10日 大樹町. 浜大樹トーチカ1 浜大樹トーチカ2 浜大樹トーチカ3 浜大樹トーチカ4 浜大樹トーチカ5 歴舟川河口トーチカ1 歴舟川河口トーチカ2 と露出してきた同トーチカ2. ↑ (手前から) 砂に埋もれていく旭浜トーチカ5と同トーチカ4・3・2・1 
トーチカ
http://rproducts.syanari.com/taiki.htm
瓦礫の街・3丁目24番地・大樹町のトーチカ
扉、扉、扉、
http://tobirahorizon.blog109.fc2.com/blog-entry-730.html
ちょうど1年前に訪れた北海道は大樹町旭浜のトーチカ群。風の強い日で波の飛沫が海岸沿いの車道にまで飛び出してきていた。浜には流木と流されてきたゴミ、そしていくつかのトーチカが並んでいた。入り口はほとんど地面の下。銃眼は海岸線に沿った方向を向いていた。分厚いコンク
旭浜のトーチカ群(北海道広尾郡大樹町) 景勝探訪と学習の息抜 英語喫茶~英語・英文法・英会話~
https://www.englishcafe.jp/pic/totika.html
北海道広尾郡大樹町から、旭浜のトーチカ群です。旭浜のトーチカ群は、大樹町旭浜の砂浜に続くトーチカです。砂浜にはおよそ200mの間隔で、コンクリートの構造物が続きます。大樹町では終戦末期にトーチカが急造されました。米軍の本土上陸に備えての、旧日本軍の計画によるも
大樹町・旭浜のトーチカ郡 - ホルマリンのマンネリ感
https://blog.goo.ne.jp/j23a5y/e/6e09f1be4b37ff730e35157b071a5d25
5分ほど歩くと、護岸工事で綺麗に整備された箇所が現れ、そこに残る最初のトーチカが見えてきた。8号トーチカここから海岸沿い(豊頃町方面)に向かって、順番に7号、6号…と番号が付けられているようだ。この8号は海岸にある物の中でも比較的内陸側に位置し、土台も高い。半
旧日本陸軍・大樹町旭浜トーチカ群 : 遠い記憶、忘れられた風景。
https://moritocoa.exblog.jp/9804977/
戦争末期の1944(昭和19)年、アメリカによる本土攻撃が濃厚になって来た日本は、それに対して防衛するための対応を迫られていた。北海道では道東の海岸部などが侵攻目標になるという考えから、根室半島~大樹町を含む十勝管内の海岸線に多くのトーチカが建造された(網走管

ピックアップ廃墟