日窒鉱山(小倉沢小中学校)

小倉沢小中学校

日窒鉱山は、埼玉県秩父市にある鉱山。

かつて隆盛を極めた頃の社宅や工場跡が、今でも廃墟として残っている。これらの廃屋は、中津峡の斜面沿いに広い範囲に渡って点在している。中でも廃校となった小倉沢小中学校跡はよく知られている。

鉱山診療所、赤岩文化会館などの関連施設遺構も残る。

日窒秩父事業場自体は、現在でも操業している現役の事業場である。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

日窒鉱山(小倉沢小中学校) 住所

埼玉県秩父市中津川420

日窒鉱山(小倉沢小中学校) 種類

廃鉱・採石場跡

日窒鉱山(小倉沢小中学校) 画像

日窒鉱山(小倉沢小中学校) 写真・ブログ・リポート

日窒鉱山 Page1
http://www.funkygoods.com/hai/nt/nt.html
秩父事業所には、かつて隆盛を極めた頃の社宅や工場跡が、今でも廃墟として残って いる。これらの廃屋は、中津峡の さらに進むと、有名な小倉沢小学校跡、給食 センターや丹岫寮などの施設がある集落を経て、珪砂工場に出る。この珪砂工場が事業 場の
「 青梅~秩父~ニッチツ集落廃墟 」 KAWASAKI Z1-R(Z1R)のlog
http://www.z1-r.com/2010/08/titibu.html
2010年8月22日 途中ニッチツの鉱山集落の廃墟にも行き、充実のソロツーリング。 am6時に 電灯の 無い八丁トンネルを抜けて下り道を走ると、さびれたトタンの建物が現れた。 だいぶ 大きな集落だったようで、多くの廃屋が採石工場まで点々としている。
日窒鉱山 4
http://homepage3.nifty.com/rurounotami/ruins_nittitu04.htm
今は鉱山施設を象徴する「廃墟」として、天高くそびえている。 時間を止めた鉄 鉱山 事務所付近に集まる鉱山施設群から、坂道を登ると右手に小中学校、その先に社宅群 や公民館、銭湯、病院などの居住機能をそろえた集落群につきあたる。更に葛篭折れの
日窒鉱山 1
http://homepage3.nifty.com/rurounotami/ruins_nittitu01.htm
全て自己責任、自己リスクである廃墟内の危機管理について 栗原 亨さんの「廃墟 HAZARD」をご覧ください。 日窒鉱山 1. それは秋晴れの果てしなく青い空が広がり、 紅葉が映える日でした。 清清しい天気に誘われて、私は奥秩父・日窒鉱山を目指しまし た。
廃墟写真 小倉沢小学校1
http://kiokuya-haikyo.versus.jp/ruins/sch/ogura/ogura1.html
廃墟写真を紹介。廃校、小倉沢小学校や日窒鉱山、秩父鉱山の廃墟から廃墟遊園地、 廃墟ホテルなどの写真。 ~今回の廃墟探索のいきさつ~(長いっス!) ネット上で芝 公園ハム太郎さんのサイトと出会ったことからだった 彼の繊細な廃墟の美しさを撮った
秩父鉱山ー02
http://wing.zero.ad.jp/~zbc54213/titibukouzan-02.html
秩父鉱山操業系統模式図'とあるのは大黒坑から掘っていった坑内図だろうか。緑部分 の 鉱山研究'と書かれている非常に分かりやすいMAPだったのだがこれもこんな程度 にしか写らなかった。ただ遠慮し やはり心無い廃墟マニアがいるのかもしれない。
ニッチツ鉱山村
http://cocone.u.cnet-ta.ne.jp/omake/om028.html
今回の買い出しは、某廃墟系スレッド集で大いに盛り上がりを見せていた『ニッチツ鉱山 村』を訪れてみることにしました。 ニッチツ鉱山→ . ことに・・・。三峰では旧ロープウェイ 駅も発見することができなかったし、これはゼッタイ に次回リベンジ調査を実行します!
日窒鉱山
http://www.geocities.jp/ojiya88/tannken/nittitu1.htm
日窒鉱山. 2001/10/5 はやくも廃墟発見!噂には聞いてたけどマジで廃墟だらけっ ぽいですね。 ちなみに奥のほうには郵便局があります。たぶん現役です。 とりあえず 手始めにここに入ってみますか。 マガジンです。 上の画像の建物内にありました。 建物 内に
廃墟 埼玉 日窒鉱山
http://kiokuya-haikyo.versus.jp/ruins/hos/nittitu/nittitu1.html
埼玉の山の中にある秩父の日窒鉱山の廃墟写真。 日窒鉱山、軍艦島、足尾銅山、 松尾鉱山など鉱山廃墟から廃墟遊園地、廃墟ホテルなどの廃墟写真. 日窒鉱山 今回 は前回の小倉沢小学校からの二度目の探索である 今回は鉱山の坑道を探そうという もの
ニッチツ鉱山
http://home.f01.itscom.net/spiral/nichitsu/nichitsu1.html
呼称・ ニッチツ鉱山 場所・ 埼玉県. 今回は秩父の山奥に残る 廃講堂、廃病院を中心に 紹介します。 かつての購買のあと 山肌には住宅も見える。 赤く錆びた屋根 すごい好き。 共同浴場。 橋の向こうには 講堂や病院 住宅が広がる。 講堂内部。 この飾りが村のお
日窒鉱山
http://www.geocities.jp/ojiya88/tannken/nittitu.htm
日窒鉱山地帯. 2001/10/5 この鉱山の概要につきましては、他の多くのサイト様が 詳しく述べられてますので、各々検索してそちらを御覧下さい。無責任ですいません。 鉱山探検というと廃鉱だとお思いでしょうが、ここは違います。まだ、一部は現役で稼動 中
廃鉱 (冥府の扉)
http://www.geocities.jp/shyu0530/tagako.html
日窒鉱山 廃墟 廃坑 鉱山 廃鉱 鉱山 【単独潜入】 冥府の扉. 過去に長編予定と記載し
廃鉱 立坑から上層レベルを目指す
http://www.geocities.jp/shyu0530/tidoko.html
秩父鉱山 日窒 坑道 鉱山 廃鉱 立坑 道伸窪 【単独潜入】 金色に輝く坑道. この上部に
秩父鉱山ー03
http://wing.zero.ad.jp/~zbc54213/titibukouzan-03.html
秩父鉱山(日窒鉱業) 3/3 この辺りの川には天気の良い日には石拾いのマニアが 結構川の中を歩いている。ひところほどではないが 単に足元が悪いとか水没や獣が 潜んでいるとかだけではなく廃坑特有の命に関わる危険性があります。絶対にやめま しょう
REPORT - 088 日窒診療所 再訪|6Frogs - 毎日をデザインで考える
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10867069401.html
2011年4月20日 6Frogs - 毎日をデザインで考える-日窒鉱山 ニッチツ 病院 診療所. 埼玉県│日窒診療 所(日窒鉱山病院) 再訪. 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 064 日窒 診療所. 数度目の日窒鉱山へやって来た、いつもは夏の日差しが
秩父の廃坑を巡る旅|お腹がへったら漕ぐ日記
http://ameblo.jp/foigras/entry-10127678967.html
2008年8月20日 秩父鉱山郵便局. 以前より徳ちゃんとイコカ?なんて言ってた秩父ミステリーツアーが盆 の怖い期間に実現しました。 以前より秩父に廃坑があるという話は聞いてはいたのです が、ルートもよく分からず、補給も不明? と分からんづくしだったのだ
秩父特集 日窒工業資源開発事業部 大黒坑跡(埼玉県)
http://keitandan.web.fc2.com/11chichibu02daikoku.html
1988年10月30日 ■小さな廃鉱を探れ! R140の秩父湖の手前を中津川へ向かって折れ、中津川の 集落の手前をさらに右折、状態の悪い舗装道路を行くと、左手にあるのが日窒工業の 資源開発事業部だ。 ここはかつて日窒鉱山の大黒坑だったところで、坑口
日窒鉱山:シリーズ・ノスタルジー:車中泊EXPRESS
http://syahak.tvlplus.net/2005/11/10121828.html
2005年11月10日 廃墟マニア、及びサンデーカメラマンには有名な日窒鉱山。奥秩父のさらに奥、埼玉県と 群馬県の県境近くに日窒鉱山はある。廃墟マニアに有名とは言っても、ここは現在も 稼働中の鉱山である。 アプローチは、秩父市大滝を中津川に沿って
廃墟を旅する 【廃村】日窒鉱山廃墟群 下
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/blog-entry-58.html
2011年5月26日 【日窒鉱山廃墟群 上】の一番最初の写真に写っている手前の建物がこれだ。 まず日 窒鉱山廃墟群に来たら目にする廃墟だろう。雰囲気はいいのだが、 この坑道がそちら に掲載されている廃坑道かどうかはちょっとわかりません。この坑道
ぶどう畑に囲まれて 彩の国ふれあいの森&日窒(株式会社ニッチツ)の廃墟
http://slowlife06.blog58.fc2.com/blog-entry-1762.html
2010年7月18日 彩の国ふれあいの森&日窒(株式会社ニッチツ)の廃墟. 夏は涼を求めて林道ドライブ が定番になりつつある我家の休日。 今回は雁坂トンネルを通って埼玉→群馬→長野へ 行ってきました。 彩の国ふれあいの森 まずは、以前から地図を見て