清越鉱山は、静岡県伊豆市にある金山跡。「清○金山」等として紹介されていることもある。 1931(昭和6...

清越鉱山

清越鉱山 概要・歴史

清越鉱山は、静岡県伊豆市にある金山跡。「清○金山」等として紹介されていることもある。 1931(昭和6...

清越鉱山 画像

1974-1978年 国土地理院

近くのスポット

清越鉱山 ストリートビュー・空中写真

清越鉱山 関連ブログ・参考リンク

http://www.funkygoods.com/hai/seikoshi/seikoshi.html
清越金鉱山の選鉱場前広場は、地元の土建会社が資材置き場として利用しており、 一見現在も稼動しているかのように見える。しかし、その奥にある選鉱場の建物は、 ガラスも割れ廃墟の様相を呈している。選鉱場へは、資材置き場の右側からアプローチ する。
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn011/seigoshi/seigosh1.html
伊豆はかつて金鉱山がたくさんあったが、現在では金の採掘を行っている施設は無い。 天正金鉱を訪れたついでに、伊豆の金鉱跡3箇所に立ち寄ることにした。 【清越鉱山跡】. 昭和62年(1987年)に閉鎖した、伊豆最後の金鉱山。→地図. 天城湯ヶ島(現・伊豆
http://flarestack.blog99.fc2.com/blog-entry-129.html
2011年1月11日 廃墟、工場の写真やイラスト、その他どうでも良い日記などを公開していく自己満足 ブログ. 清越鉱山その1 ・ DSC_7404_20110111000228.jpg 大仁金山からの続き。 金山跡を後にし、目指すは伊豆の廃鉱山の中でも有名な清越鉱山。
http://flarestack.blog99.fc2.com/blog-entry-131.html
2011年1月24日 廃墟、工場の写真やイラスト、その他どうでも良い日記などを公開していく自己満足 ブログ. 清越鉱山その3 ・ DSC_7450.jpg 清越鉱山その3 倉庫(事務所?)の奥には 坑道の入口があります。 DSC_7462.jpg 軌道も残っていますね。
http://kaede472.blog118.fc2.com/blog-entry-186.html
2011年2月26日 楓:廃墟の美学 特別編 (09/16) ・ ムリムリ:清越鉱山 (02/26) ・ 楓:ホテルアムール (01/ 28) ・ 楓:尾去沢鉱山 (01/28) ・ ムリムリ:尾去沢鉱山 (01/26) ・ ムリムリ:ホテルアムール (01/22) ・ :奥多摩ロープウェイ (01/12) いかにも廃坑感あるし
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/blog-entry-35.html
木造建築が織りなす夢のような廃墟空間 清越金山. IMG_3627_R.jpg 場所は静岡県西伊豆、やはり廃墟半島はだてではなかった。 今回紹介するのは、「清越金山」である。伊豆半島には金山がいくつか存在する。その中のひとつだ。
http://damakozo.web.fc2.com/photo/seikoshi.html
同じ静岡県だというのにこのアクセスの不便さ。 そんな困難を乗り越えやってきたのは 土肥町に存在するこの清越鉱山。 既に廃鉱、ではなく休鉱状態のこの廃墟は、案外 簡単に見つかった。 土肥から修善寺へ抜ける136号線を走りすぐ右側に見える大きな キノコ
http://ruin-explorer.com/seigoshi/seigoshi1.html
清越鉱山 金山 鉱山 廃鉱 坑道 地下. 金山坑道. 撮影日 2007年8月. 当鉱山は,昭和6年(1931)に坂田勇氏が1号脈の貧弱な露頭を 発見し、土井彦太郎氏により試掘中であつたものを昭和9年(1934) に某鉱山会社が買収し、○○鉱山の支山として探鉱し
http://ameblo.jp/airitakashi/entry-10376586141.html
廃鉱山です。廃墟の中でも最高に好きなジャンルです中はかなり朽ちていて危険です。懐かしい電話。スズメバチの巣が天井からぶら下がっていました
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/6427541.html
2010年4月30日探訪。伊豆にはいくつかの金鉱山が点在しているが、そのひとつが木造選鉱所で有名な清越金山である。昭和7年に中外鉱業が清越金山を取得、開発を進めたが、昭和62年に休山となった。※2011年9月下旬~10月上旬頃解体されました。
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.kinzan.htm
1932(昭和7)年に中外鉱業清越鉱山となり1987(昭和62)年5月に休山。閉山はしていないが状態は閉山も同然。私がカーナビで「清越鉱山」の文字を見つけ、初めてここを訪れたのは2004年の10月だった。そのときはカメラも持ってなかったし、まだ廃墟慣れしていな
http://blog.livedoor.jp/darker916/archives/8590499.html
2009年10月下旬この当時は古いコンデジで撮っていた為、非常に画質が悪いです。撮影技術もヘタで、手ブレ写真ばかりなのが残念。伊豆半島の西側に存在する清越金山伊豆廃墟めぐりのひとつとして訪れた。ここは木造で出来た建物がとても良い味と雰囲気を出している。
http://kpaper12.blog13.fc2.com/blog-entry-151.html
国道136号線を、船原トンネルを抜け土肥の町に向け南下。車を走らせ土肥のほうへ下っていくと、左手にそれらしき物件が見えてくる。昭和7年、中外鉱業株式会社によって採掘が開始され、金価格の下落、人件費、市の水脈保全協定などの理由から昭和62年に休山。そんなん。今回
http://hibarilove.fc2web.com/photo/seikoshi.html
●清越鉱山篇Introduction5月吉日、車を走らせること2時間。同じ静岡県だというのにこのアクセスの不便さ。そんな困難を乗り越えやってきたのは土肥町に存在するこの清越鉱山。既に廃鉱、ではなく休鉱状態のこの廃墟は、案外簡単に見つかった。土肥から修善寺へ抜け
http://blog.livedoor.jp/rikiyasan3445/archives/5134150.html
古い建物はほとんど壊されてしまい、ソーラーパネルだけが鎮座しております。
清越鉱山 関連ワード
  • 場所
  • 解体
  • 鉱山