大仁鉱山

大仁鉱山(おおひとこうざん)は、静岡県伊豆市(旧修善寺町)瓜生野(うりゅうの)にあった金山である。大仁金山ともいう。「O仁金山」等として紹介されていることもある。

旧大仁町(現・伊豆の国市)との境界があった狩野川のほとり、台地上にある瓜生野地区南方のU字型の谷が主な金の採掘場であり、この谷の入り口の西方斜面に象徴的な浮遊選鉱場が存在していた。

2000年頃までは、ヘルスセンターを含め鉱山施設の多くが廃墟として残されていた。人里離れた山の中に存在する事が多い鉱山系の廃墟において比較的交通の便が良く、狩野川の対岸からも望む事ができる山の斜面に立地していた旧浮遊選鉱場は象徴的であった。選鉱場頂上部の『帝産 大仁鉱山』と描かれた巨大な看板は閉山後に張られたともいわれ、良くも悪くも廃墟ファンを引き付けていた。完全な浮遊選鉱と充填採掘法を採用していたのでズリはほとんど現存しておらず鉱物ファンは少ないが、浮遊選鉱場の他にも手選場や変電所など鉱山施設も数多く残っていたため、鉱山ファンの来訪も多かったようだ。

また、映画やテレビドラマ(特撮ものなど)のロケ地、写真撮影の恰好の被写体として利用される事もしばしばあった。

浮遊選鉱場は、コンクリートでできた階段状の基礎の上に木造のトラス構造で構築されていて、数千枚に及ぶガラス窓で構築されていた。しかし、閉山後は特に保存策も講じられぬまま荒廃が進み、窓ガラスはほとんど割れ、内部は侵入者のゴミであふれていた。晩年には頂上部付近で放火と見られる不審火が発生した。建物そのものは一部半焼であったが、大きな大仁鉱山の看板は完全に焼け落ちてしまい無残な姿を晒した。こうした事や跡地再開発の思惑から、2001年頃に狩野川に面する付近に存在する旧鉱山施設群は、閉鎖されたヘルスセンターやダイキャスト工場と共に解体された。

現在は山の斜面に浮遊選鉱場のコンクリートの基礎が残されているのみとなっている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大仁鉱山 住所

静岡県伊豆市瓜生野

大仁鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

大仁鉱山 画像

大仁鉱山 写真・ブログ・リポート

帝國産金興業大仁鉱山跡 (1999年1月)
http://www.funkygoods.com/hai/oohito/oohito_a.html
この廃墟は、残念ながら1999年9月に取り壊されてしまった。ここに掲載した写真
帝國産金興業大仁鉱山跡
http://www.funkygoods.com/hai/oohito/oohito_top.html
このページに掲載したコンテンツは、既に「写真館」で公開されている「帝國産金興業 大仁鉱山
帝國産金興業大仁鉱山跡 (2003年3月)
http://www.funkygoods.com/hai/oohito/oohito_c.html
2003年3月、撤去された後の大仁鉱山を再訪した。大仁鉱山と帝産ヘルスセンターの 建造物
帝国産金興業大仁鉱山
http://kaede472.web.fc2.com/ruins02_110.htm
帝国産金興業大仁鉱山. 再訪の大仁金山。今回はこの前よりもうちょっと奥に行ってみます。 いきなり頂上から。この直線美がイイですね。 更に頂上の奥の方にこの神社がありますが、ここまで来るのにえらい苦労がありました。 台風の爪跡がすごくて大木が
#020 帝國産金興業大仁鉱山跡
http://www.geocities.jp/corruption_and_decadence/cn4/cn8/020.html
#020 帝國産金興業大仁鉱山跡. Enable JavaScript in your browser. このウェブ サイトはJavaScriptをオンにしてご覧. 04_spacer.gif. top · photo · profile · bookmark · bookshelf. #020 帝國産金興業大仁鉱山跡. Ohito Mine. DSC_0197.jpg · DSC_0214.
大仁金山に残るインクライン(後編): たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2011/06/post-b574.html
2011年6月3日 Ouhito_15 探索を終え、再び住宅が見える鉱山の前端部分まで戻った。 ここは大仁 鉱山の最上部。 下からはおよそ100mもの高さがある。 廃墟となった今も、鉱山はなお 遙かな街を見下ろし続けていた。 鉱山の 廃墟となりて 薮枯らし
大仁金山は今~その1
http://kodou.lolipop.jp/ohito-mine.htm
2007年9月22日 近代鉱山として操業が始まったのは、1933年(昭和8年)、帝国産金興業株式会社が 既存の鉱区を買収し、大仁鉱山として鉱区を再開してのことである。 その後順調に採掘 と選鉱を続けたものの、1943年(昭和18年)、金山整理令が発布され
Gold mine OHITO
http://www.geocities.jp/shyu0530/ohitomine.html
帝国産金興業 大仁鉱山 廃鉱 廃坑 廃鉱山 坑道 地下 【単独潜入】 Gold mine OHITO. この鉱山は静岡県田方郡修善寺町瓜生野(うりゅうの)にあった金山である。 旧大仁町 との境界があった狩野川のほとり、台地上にある瓜生野地区が主な金の採掘場であり、
大仁金山
http://www6.airnet.ne.jp/~mura/mine/chubu/izu/oohito01.html
大仁鉱山顕彰碑. 昭和二十八年秋 武者小路実篤 文並に書, て当地方に対し貢献する 事大なるは当鉱山の名誉といふべし 有望性を認め昭和八年に鉱山再掘に着手し, に 喜ばした由緒ある鉱山なり其後廃坑になり三百有余年埋没の運命を辿りし, 当大仁鉱山
Gold mine OHITO
http://ruin-explorer.com/oohito/oohito.html
大仁鉱山として操業を再開する。当時、国策によって金鉱山の開発が奨励されており、 同鉱山の開発もそうしたあらわれの一つであった。同鉱山は隣接する零細鉱山を買収 すると共に、 金鉱石の処理能力を高めるため1936年には一日100トンの鉱石の処理が
大仁金山に残るインクライン(前編): たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2011/06/post-e07b.html
伊豆の下田街道、大仁を走っていると、車内から巨大な鉱山跡を見ることができる。昔からの名所で、正式名は「帝國産金興業・大仁鉱山」かつては左の写真のような姿だったことを覚えている。残念ながら、数年前に完全に建物は解体され、今では右の写真のようにコンクリートの土台だ
Paper mode |廃墟・・・番外編「帝産大仁金山跡」
http://kpaper12.blog13.fc2.com/blog-entry-121.html
1573年から1593年、天正年間に発見から1973年の閉山までにいたる中で様々な歴史があるであろうこの大仁金山。主な主要鉱物は自然金や、ほかに石英、黄鉄鉱、閃亜鉛鉱。閉山後も、ヘルスセンター、ダイキャスト工場は1990年までは操業が続いていた。そして、200
廃墟集1 街を見下ろすステージ~O仁金山 その1
http://happytown.orahoo.com/phphope/view/v_genre_view2.php?SearchStrings=&UserID=47825&PageNo=3&GenreNo=1&XUserID=47825&SearchGenreNO=&VGenreNo=&GenreOID=168122&DataNo=44&GenreName=
廃墟集1街を見下ろすステージ~O仁金山その12006/09/262005年12月伊豆方面廃徊の一環として廃虚とは若干趣向は違うが鉱山跡地であるO仁金山を訪問した。かつてはこの場所にかなりイイ味の廃ヘルスセンターもあったようだが現在では既に真新しい温泉施設に生ま
フレアスタック 大仁金山
http://flarestack.blog99.fc2.com/blog-entry-127.html
まずは大仁金山跡。伊豆半島の真ん中くらい?にある金鉱山跡地。10年ほど前に解体されてしまい、今では伊豆温泉村の駐車場という不思議な再利用をされている廃鉱山跡です。ここは階層式の精錬所跡でしたが、完全解体されてしまって現在は基部を残すのみ。解体前の姿は私も写真で
FP渡辺のちょっといいはなし : 大仁金山
http://blog.livedoor.jp/rikiyasan3445/archives/4933490.html
山の上にはまだ遺構が残っているそうです。
FP渡辺のちょっといいはなし : 大仁金山
http://blog.livedoor.jp/rikiyasan3445/archives/4351818.html
最近までそれっぽい廃墟が残っていました。ワタシがコドモの頃は博物館的な建物も残っていて、何度か父親に連れて行ってもらった記憶があります。百笑の湯のメロンパン(130円)は激旨です、是非!