麻生岳下炭鉱 概要・歴史

麻生岳下炭鉱は、長崎県佐世保市小佐々町にあった炭鉱。ホッパー跡などが残っている。

明治末期に開発され、1929(昭和4)年に麻生産業が買収。湧き水が酷く採掘は難航したという。

1965(昭和40)年に閉山。

積み出し施設に向かう陸橋、ホッパーなどの遺構が見られる。

選炭施設らしいコンクリートが山中に残るが、草木に阻まれて接近困難である。

状態
2011年09月15日作成  2019年05月29日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

麻生岳下炭鉱 住所

長崎県佐世保市小佐々町矢岳

麻生岳下炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

麻生岳下炭鉱 画像・写真

麻生岳下炭鉱のホッパー
麻生岳下炭鉱のホッパー

麻生岳下炭鉱 ストリートビュー・空中写真

麻生岳下炭鉱 スポット

麻生岳下炭鉱 関連ブログ・参考リンク

麻生 岳下 炭鉱|inherit mine history
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11777001578.html
長崎県佐世保市小佐々地区を検索中あからさまに怪しい場所が少し調べると、麻生鉱業岳下炭鉱があったみたいだ今回は、長崎県佐世保から佐賀県伊万里へと探索して行こうと思うさて、現地へと向かう元炭鉱入口に橋がある昭和37年の航空写真にも橋が確認でき、その先には、ポケット
麻生 岳下 炭鉱2|inherit mine history
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11777039959.html
さて、北側選炭場へと向かいます(昭和49年の航空写真)現在は、田畑や藪とかわっていて何もなさそうですが、Googlemapをよーく見るとこの遺構ですが蔦で、その姿は見る事ができない昭和の航空写真には、はっきりと3槽にわかれた遺構が見えた手前の遺構、内部を見てみ
湧き水との戦いの連続であった岳下炭鉱 ~ 小佐々町 : アトリエ隼 仕事日記
http://hayabusa-3.dreamlog.jp/archives/51275070.html
国道18号線小佐々町・岳下バス停付近を走っていると、明らかに「??」と思うような構造物をくぐります。それは写真のコンクリートの陸橋みたいなものなのですが、実はここ海岸線に近く、向かってすぐ右側は海であり、陸橋の存在する意味がわからないからです。これが岳下(たけ
小佐々町:麻生岳下炭鉱 [その他の遺構] | FORBIDDEN KYUSHU
https://forbiddenkyushu.wordpress.com/2011/02/17/小佐々町:麻生岳下炭鉱-その他の遺構/
小佐々町で発見した、岳下炭鉱へ再訪です。訪問は昨年暮れになります。再訪の理由は、昨年9月にはこのような感じで全く足を踏み入れることが困難だったエリアの探索。さすがにこんなに自分より背の高い雑草があったんでは入る気になりませんからね。以前からマップ上では見えてい

ピックアップ廃墟