舞鶴要塞 概要・歴史

舞鶴要塞(まいづるようさい)とは、舞鶴鎮守府周辺に設置された大日本帝国陸軍の要塞。1897(明治30)年11月に建設が開始された。舞鶴港にある海軍施設の防衛を任としていた。

舞鶴湾の東岸に葦谷砲台浦入砲台吉坂保塁博奕岬電灯下安久弾丸本庫を、湾の西側に金岬砲台槙山砲台建部山保塁白杉弾丸本庫などを配置した。その後、1934(昭和9)年に要塞整理要領により、金岬砲台を撤去し、同年前進砲台として新井崎砲台および成生岬砲台を設置している。

赤煉瓦の美しい戦争遺構が残っている。

葦谷砲台は管理されロケ等にも使用されている。浦入砲台は隣接する発電所の建設により一部消滅しているが残存。吉坂保塁は杉森神社近くに残存。槙山砲台は公園近くに位置し見学容易。金岬砲台へのルートは一部崩落し危険な状態にある。

状態
2011年09月15日作成  2019年02月25日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

舞鶴要塞 住所

京都府舞鶴市瀬崎

舞鶴要塞 種類

軍事施設・戦争遺構

舞鶴要塞 画像・写真

舞鶴要塞
舞鶴要塞

舞鶴要塞 ストリートビュー・空中写真

舞鶴要塞 スポット

舞鶴要塞 関連ブログ・参考リンク

旧舞鶴要塞
http://www.redbrick.jp/isan/rikugun/yousai.htm
旧舞鶴要塞 日清戦争以後、日露の対戦は必至と見て海岸防備を急いでいた。明治30 年3月、舞鶴軍港の着工と年を同じくして、陸軍も同年11月に舞鶴要塞砲兵大隊の開設 と砲台、保塁の建設に着手し、同36年10月に全工事を完成させた。 舞鶴湾の東岸に
丹後の伝説10:舞鶴要塞、椋平広吉、橋立切断計画
http://www.geocities.jp/k_saito_site/bunkn10.html
戦前から戦時にかけて要塞地帯では陸海軍当局の許可なくしてカメラを所持する事すら 不安を感じました。舞鶴でカメラを所持し撮影するには、舞鶴海軍鎮守府指令長官並に 舞鶴陸軍要塞部司令官に許可申請をして、厳重な身元調査をされて交付される撮影
吉坂堡塁再訪
http://egf.air-nifty.com/forest/2011/05/post-964e.html
舞鶴要塞の明治期の砲台・堡塁で、この構造(脚壁部もRC)を持つのは、吉坂の掩蔽部だけである。ほかの砲台・堡塁の掩蔽部はすべて、アーチ部だけがRCで、脚壁はれんがである。
舞鶴要塞(舞鶴市)
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/maizuruyoosai.html
舞鶴要塞は、舞鶴軍港防衛のため永久の防禦工事をもって構築された鞏固な陣地の ことで、要塞には沿岸に近づいた敵の艦船や上陸部隊を攻撃するための砲台が、いくつ か配備されていた。 日本国内には十ヵ所の要塞が設けられ、舞鶴要塞の完成は
槙山(舞鶴市白杉)
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/makiyama.html
槙山砲台頂上にはテレビの中継アンテナも何本かあるが、何と言っても異形なるものはこれらである。槙山砲台の跡である。東西方向へ伸びる痩せた尾根筋上にこうしたレンガとセメン、石を交えた建物跡が直線に並んでいる、弾薬庫かと思われる。どこに砲座があったのかよくわからない
煉瓦の砲台跡
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/8276/houdaiato.html
煉瓦の砲台跡編京都府舞鶴市○○山にある・・・槇山砲台あとです。当時のことはよく調べていませんが、内部はなにもなく、ペットボトルや空き缶。タバコの吸い殻、大型ゴミ等でうめつくされていたり、落書きもあったりしてます。煉瓦って長持ちするんですね。なんか表面がいい感じ
べーさんの歴史探訪:舞鶴要塞・浦入砲台跡
http://blog.livedoor.jp/besan2005/archives/51308051.html
9月21日と22日に舞鶴要塞跡ツアーとして5つの砲台跡を巡りました。初日は浦入砲台跡と吉坂砲台跡。まずは午前中に訪れた浦入砲台跡です。浦入砲台は明治32年に完成した砲台で、現在関西電力舞鶴火力発電所のすぐ裏にあります。というのも、火力発電所が浦入砲台の敷地を削
旧舞鶴要塞
http://ogino.c.ooco.jp/gijutu/m_hodai.htm
旧舞鶴要塞>戻る>HOMEへUpdate:2013/04/301889(明治22)年に公布された鎮守府条例に基づき、舞鶴に「第四海軍区・鎮守府」が設置される。1894(明治27)年の日清戦争、1904(明治37)年の日露戦争に見られるように、度重なる大戦が行わ
吉坂堡塁 その1 ( 旅行 ) - keeeknの思ったこと - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/keeekn/60652424.html
関電の広報誌で、吉坂保塁(吉坂堡塁)という軍事遺産が福井県の西の端、高浜町にあることを知りました。「吉坂」というのは隣の京都府舞鶴市の地名ですが、実際に軍事遺産があるのは福井県内のようです。日露戦争に備え舞鶴に軍港を建設した際に、軍港を守るための砦(堡塁)との
舞鶴砲台探検ツアー(1日目)速報版: Ever Green Forest -- blog
http://egf.air-nifty.com/forest/2009/09/1-e109.html
7月に舞鶴の葦谷砲台を見に行って、他の砲台を回ろうという話はできていて、で、シルバーウィークに2日かけて明治の陸軍砲台を全部回ろうツアーが企画された。本日21日は、第1日目で、どちらかというとマニアックよりの本当の探検という雰囲気の行程を組んでみた。参加したの
舞鶴要塞遺構を探検する(2) 瀬崎 博奕岬電灯機関舎跡 ベレー帽通信 WEST/ウェブリブログ
http://beret-west.at.webry.info/201604/article_7.html
昼からは瀬崎地区にある博奕岬電灯機関舎跡に行く。灯台へ至る道の途中の側道を少し入ったところの藪の中に突然、煉瓦壁が出現する。電灯機関舎とは、探照灯へ電気を供給する発電所である。明治42年竣工内部はモルタル壁がきれいに残っている。床には発電機が据えてあった架台ら
kanレポート 金岬砲台 行き方
http://kanreport.blog58.fc2.com/blog-entry-387.html
槙山砲台に向かう途中に、金岬(かながさき)砲台への分岐点がある。この分岐点を見落すと砲台には行けないので紹介する。旧軍道を登って来ると、ヘアピンカーブがあり路肩にスペースが空いている場所がある。登山路で唯一と言って良いくらいの駐車スペースなので、見落す事は無い
葦谷砲台で見つけたびん: Ever Green Forest -- blog
http://egf.air-nifty.com/forest/2016/03/post-2e53.html
2016年3月5日、葦谷砲台を訪れた。もう、度々来ており、そう新発見もなかろうと思っていたが、地籍調査が行われており草刈がおこなわれていることと、シカの食害による下層植生の衰退が激しく、いままで見たことのなかった標柱を見つけたり、瓶も19本見つけることができた
金岬砲台(前編) | 廃☆さんぽ
http://lovelovehaikyo.blog.fc2.com/blog-entry-26.html
「軍道は続く~よ~、ど~こ~ま~で~も~♪♪♪」第三火薬廠跡に続いて舞鶴の砲台跡のご紹介です。日清戦争後の日本は、対ロシアの要として舞鶴

ピックアップ廃墟