名古屋陸軍兵器補給廠関が原分廠(関ヶ原分廠、関ヶ原火薬庫)は、岐阜県不破郡関ケ原町玉(当時の玉村...

名古屋陸軍兵器補給廠関ヶ原分廠(関ヶ原火薬庫)

名古屋陸軍兵器補給廠関ヶ原分廠(関ヶ原火薬庫) 概要・歴史

名古屋陸軍兵器補給廠関が原分廠(関ヶ原分廠、関ヶ原火薬庫)は、岐阜県不破郡関ケ原町玉(当時の玉村...

名古屋陸軍兵器補給廠関ヶ原分廠(関ヶ原火薬庫) 画像

©Google

近くのスポット

名古屋陸軍兵器補給廠関ヶ原分廠(関ヶ原火薬庫) ストリートビュー・空中写真

名古屋陸軍兵器補給廠関ヶ原分廠(関ヶ原火薬庫) 関連ブログ・参考リンク

http://www.geocities.jp/skegfirst/sekigaharatamanohi.html
廃墟マニアにはお馴染みの巨大廃墟である関ヶ原メナードランドのすぐ目の前に草むら に紛れて建つ立哨台があります。 この立哨台の存在が目の前の廃遊園地と相まって、 ここら一帯が異様な空間になっているように感じます。 奥には日本武尊の腰掛岩なる
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn013/sekigaha/sekigah1.html
関ヶ原鍾乳洞周辺に、関ヶ原火薬庫(名古屋陸軍兵器補給廠関ヶ原分廠)跡の遺構が 残っている。火薬庫が作られたのは大正初期。昭和二十年の終戦時まで使われていた 。火薬庫として使われていた区域の面積は約450ヘクタールという広大なものだった。
http://usa-nekosando.web.infoseek.co.jp/miti_kayakuko_t.html
ここも天然の洞窟を利用したのかしら? 洞窟だけじゃなく、倉庫のような建物も 沢山 あったみたいだけど、 すべて解体されてしまったようです。 ちなみに大正3年(1914)に 開設され、 正式名は「名古屋陸軍兵器補給廠関ヶ原分廠」 といったそうです。 舌かみ そう。
http://kanreport.blog58.fc2.com/blog-entry-202.html
2012年6月3日 名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原分廠 その4. 関ヶ原火薬庫 鍾乳洞に向かって進むと、3 つの洞窟式火薬庫がある。これは手前側の火薬庫。 関ヶ原火薬庫 (2) 真ん中の火薬庫 関ヶ原 (4) 一番奥(鍾乳洞側)の火薬庫 関ヶ原 (12) その隣には立
http://kanreport.blog58.fc2.com/blog-entry-199.html
2012年5月25日 この火薬庫の正式名称は、「名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原分廠」と言うらしく、大正3年 に開設され、周囲は6km、面積は 関ヶ原 これが、名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原分 廠の正門だった様である。 境界石 (2) 門柱付近にある小道に入ると、
http://kanreport.blog58.fc2.com/blog-entry-201.html
2012年5月31日 名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原分廠 その3. 関ヶ原 (21) 鍾乳洞への道へ入ると、すぐに 切り通しがあり 関ヶ原 (23) その先にも、立哨小屋がある。 関ヶ原 (25) 最初に見た立哨 小屋とは微妙に形が違う。 関ヶ原 (26) 立哨小屋から小道に入ると
http://ameblo.jp/ns-c35-235/entry-11733194516.html
通称を「玉の火薬庫」と呼ばれてます。当時の玉村で現在の岐阜県不破郡関ケ原町玉に、大正3年から終戦時まで使われていた旧陸軍の火薬庫です。周囲約6kmで面積は450haと東洋一の規模を誇り、指揮に当たったのは岐阜68連隊、後に敦賀19連隊、完成後は第9師団第19連
http://neonats.blog.fc2.com/blog-entry-161.html
岐阜県関ヶ原【探索日】2008年5月玉の火薬庫跡大正三年(1914年)に開設された火薬庫は、正式には「名古屋陸軍兵器補給廠関ケ原分廠」といいます。建設に従事したのは大半の地元玉地区と一部関ヶ原地区の住民でした。指揮に当たったのは、岐阜68連隊で、後に敦賀19連
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-163.html
可児市にある三菱発動機地下工場へ行った後、今度は関ヶ原町にある関ヶ原陸軍火薬庫跡へとやってきた。関ヶ原鍾乳洞に向かうと、その入り口付近に、いくつもの弾薬庫跡が口を開けていた。一応関ヶ原町が管理(?)しているようで案内板が立てられていたが、内部には照明もなく、立
http://blogs.yahoo.co.jp/team_kokudo_yuji/27655329.html
陸軍火薬庫跡です。メナードランド跡から関ヶ原鍾乳洞のあたりに何箇所かあらます。思いつきで行ったので懐中電灯とかなかったので中に入ったけど真っ暗。すぐに撤収。
http://kanreport.blog58.fc2.com/blog-entry-200.html
関ヶ原 (7) 写真を見てお判りだろうが、立哨小屋が道路に背を向けている。移設だろうか? 関ヶ原 (9) 立哨小屋の先には、火薬庫へ通じるトンネルがある。この先に、遺構は見付けられなかった。 関ヶ原 (11) さらに進むと、関ヶ原メナードランド 
http://wonderinholiday.blog.fc2.com/blog-entry-233.html
今回は関ケ原にある名古屋陸軍兵器補給廠関ケ原分廠、通称玉の火薬庫です。 戦国時代、関ヶ原の合戦があったこの地に、 さらに300余年後に火薬庫が建造された事はあまり知られてないのでしょうか。 IMG_7059s.jpg 冒頭の点線内の 
名古屋陸軍兵器補給廠関ヶ原分廠(関ヶ原火薬庫) 関連ワード
  • 施設
  • 理容院