岩内線 概要・歴史

岩内線(いわないせん)は、日本国有鉄道が運営していた鉄道路線。北海道岩内郡共和町の小沢駅で函館本線から分岐し、同郡の岩内町の岩内駅までを結んでいた。

1912(大正元)年に小沢 - 岩内間 (14.9km) で岩内軽便線として開業。1922(大正11)年に岩内線と改称された。

当時の岩内はニシン漁で栄え、また沿線に茅沼炭鉱国富鉱山があったことから、海産物や石炭、鉱石の輸送で活況を呈した。

その後、ニシン漁の衰退や鉱山の閉山、トラック輸送等の発達により輸送量が減少、1985(昭和60)年に廃止された。

幌似駅と国富駅のホームが現存している。国富 - 岩内間のほとんどの区間が道路に転用された。ほかに橋梁跡などがわずかに残る。

状態
2019年08月08日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

岩内線 住所

北海道岩内郡共和町

岩内線 種類

廃線・鉄道駅

岩内線 ストリートビュー・空中写真

岩内線 スポット

岩内線 ブログ・リポート

岩内線
http://blogs.yahoo.co.jp/raskaru781/22639859.html
黒松内~寿都間で1968年まで営業していた寿都鉄道の路盤跡を転用することも内定していたが、一部の用地買収が行なわれたのみで1972年に中止された。 ニセコバスに転換 廃線跡 岩内駅以外の全ての駅でホームが現存している。
岩内駅 - 北海道の鉄道廃線跡の旅
http://haieki.tsuchibuta.com/haisen/iwanaisen/iwanai.html
「岩内駅・駅舎」岩内線廃線跡・廃駅は「北海道の鉄道廃線跡の旅」内のページです.
岩内線 - 廃線跡Report
http://www1.linkclub.or.jp/~okutomo/repo/iwana.html
北海道の廃線跡を訪ねて 地方へより早く、安上がりに鉄道を開通させるため、1910 年に軽便鉄道法が成立したが、岩内線もこの法律によって岩内軽便線 その後、小沢 ~岩内間に軽便線の建設が決まり、馬車鉄道線を利用して工事がすすめられていった。
国鉄岩内線廃線跡
http://homepage3.nifty.com/haisentetsudouryou/048iwanai1.html
国鉄岩内線こくてついわないせん. ○路線概要 1953、8、1 黒松内~岩内間44キロ 予定線となる(改正鉄道敷設法130-2項「後志国黒松内ヨリ岩内附近ニ至ル鉄道」) 1957、4、3 調査線となる1964、6、25 工事線となる1972、10、24 廃線跡の 状況
岩内線 [廃線] - 街と鉄道
http://tkohara.la.coocan.jp/hakodate4.htm
【函館本線・小沢と日本海側・岩内を結んだ岩内線へ】 「街と鉄道・函館2001」において、 "新千歳へ向かう" という必然から生まれた、旧岩内線廃線跡の訪問。 ここでは、"岩 内線の4つの駅跡" にテーマを絞って話を作りましょう。
岩内線--廃線前を訪ねて
http://www.kitagawa.tv/travel/haisen/s/iwanai.htm
岩内線は、函館本線の倶知安駅のひとつ北にある小沢駅から分岐して、積丹半島の 付け根の岩内駅まで伸びていた、盲腸線である。岩内の漁港と国富の鉱山以外は さほどの需要は感じられず、まっさきに廃線対象になったのであろう。 筆者は函館から の夜行
岩内線--廃線前を訪ねて--空中写真
http://www.kitagawa.tv/travel/haisen/s/iwanai-k.htm
国鉄岩内線全駅の空中写真である。 国土交通省の 昭和末期の写真には今や廃線と なった国鉄路線が伸びている写真があり、目を奪われる。このうち駅部分を 岩内線の レールは駅構内で函館本線と並行して北に伸び、まもなく西へと分かれる。 国富駅
大日本ノスタルジィ鉄道 岩内線 - 日本海
http://www.nihonkai.com/railroad/iwanai/iwanai.html
島古丹・歌棄を経由して黒松内までの延伸計画があったが、岩内線の廃止とともに消え てしまった。廃線後は幌似駅の保存状態が良い。幌似~国富間の主要道路には跨線橋 があり、その下は鉄道跡の盛り土が延々と伸びている。岩内までは一時間に一本の 
岩内線 - 廃線跡Report
http://www.geocities.jp/xxreport2/repo/iwana.html
はじめに. 【区 間】 小沢~岩内(14.9km) 【主な駅】 小沢、国富、幌似、前田、西前田、岩内 【沿 革】 1912 岩内軽便線として開通 1922 岩内線に改称 1984 貨物扱い廃止 1985 全線廃止 地方へより早く、安上がりに鉄道を開通させるため、1910年に軽便鉄道法 
岩内線(廃線跡) - つちぶた本舗の全駅訪問の旅
http://www.tsuchibuta.com/jr-hokkaido/iwanaisen/iwanaisen.htm
岩内線の駅舎、ホーム、駅前の写真、画像. 岩内線 駅舎・駅名標・ホーム・駅前写真・画像. JR全駅訪問の旅 · JR北海道; 岩内線(廃線跡). 岩内線(廃線跡). 路線名, 岩内線. ろせんめい, いわないせん. 距離, 小沢駅~岩内駅 14.9km. 全通, 大正元年(1912 
国鉄岩内線廃線跡1 小沢-幌似間 - nifty
http://homepage3.nifty.com/haisentetsudouryou/048iwanai2.html
なってしまった。本屋側に崩されて使用されていないホームがあり、ここから岩内線は出ていたと思われる。 岩内線の跡らしきもので駅構内は広い空間がある。 ここから マクラギが積んである場所に、岩内線の物かは判らないがレールが顔を出していた。

ピックアップ廃墟