千葉県南房総市にある「桜花(おうか)」滑走路跡。 桜花は日本海軍が太平洋戦争中の1944年(昭和19年....

桜花基地(下滝田基地、南房総市)

桜花基地(下滝田基地、南房総市) 概要・歴史

千葉県南房総市にある「桜花(おうか)」滑走路跡。 桜花は日本海軍が太平洋戦争中の1944年(昭和19年....

桜花基地(下滝田基地、南房総市) 画像

© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

桜花基地(下滝田基地、南房総市) ストリートビュー・空中写真

桜花基地(下滝田基地、南房総市) 関連ブログ・参考リンク

http://page.freett.com/zaj17637/12/ohuka.html
本土決戦用桜花43乙型発射場として作られて、今でも安房郡の三芳村下滝田に残る カタパルト跡。(上写真)本来は桜花11型は一式陸攻に懸架されて、敵の機動部隊に 近づき距離10キロの所から母機の一式陸攻より切り離されて、固体ロケットエンジン3本 にツ黴
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn013/miyosiou/miyosio1.html
房総半島の内陸部・三芳村には特攻機・桜花の基地があった。桜花といえば、一式陸攻 の下にぶら下げて運用された特攻機で、沖縄戦などに使われた。桜花をぶらさげた爆撃 機は速度が遅くなるため(時速200キロ程度らしい)、桜花発射地点の手前で撃墜されツ黴
http://outdoor.geocities.jp/kotetsu0213/oukakichi.html
20分程北下滝田方面へに歩いて行くと「知恩院」 と書かれた看板が見えます。ここを右 に曲がり、看 板の通りに進みます。 10分ほどさらに歩くと「知恩院」があります。 なんと 、駐車場もありました。 はじめから車で来ればよかった・・・・. ここの境内には、「桜花」ツ黴
http://www.tanken.com/tateyama.html
2008年10月13日 戦闘指揮所跡(旧128高地の地下壕). 以前、東京湾防御の歴史という記事を書きましたが、あれは富津(千葉県)縲怺マ音崎(神奈川県)ラインの話。で、地図を見ればわかるんですが、現実に敵の艦隊が東京湾に侵攻してきた場合、最初の迎撃ツ黴
http://blogs.yahoo.co.jp/mikamarudensetu/10328561.html
こんばんは 今日はトラック記事ではなく、戦跡の記事になります 紹介するのは 千葉県南房総市の三芳というところにあります 人間爆弾の異名を持つ特攻機「桜花」の基地跡です。 ロケットエンジンを積んで敵に突っ込むというので 米軍から 
http://blogs.yahoo.co.jp/mikamarudensetu/10328563.html
では続きです。 同じ町内にあるのですぐつきます。 こちらがカタパルト跡です。 ご覧のように畑の中にあるので近くでは撮れませんでした。 しかもカメラ充電中のためスマホでの撮影・・・画質悪しです なぜこの場所に訪れたかというと 去年の黒潮 
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2011/11/post-3a0e.html
ここは千葉県の三芳村(現・南房総市)にある知恩院という神社。無人の神社なのに、なかなか立派な山門だ。これを潜り、さらに階段を上っていく。これが本堂。でも目的はその左脇の資材置き場だ。(マウスを置くと画像が切り替わります)無造作に積まれた、この古ぼけたこの鉄骨の
桜花基地(下滝田基地、南房総市) 関連ワード