東仲尾沢トンネル(安房広域農道) 概要・歴史

東仲尾沢トンネルは千葉県南房総市にあるトンネル。

安房地域広域農道(あわちいきこういきのうどう)の一部として作られ、全長602m、幅6mの立派なトンネルが2000年12月に完成しているが、出口から先が未成のため、封鎖されている。

安房地域広域農道は千葉県安房地域にある基幹農道で、南部線と東部線のうち南部線は「安房グリーンライン」として2010年4月1日に全通している。東仲尾沢トンネルが位置する東部線は1996年4月より着手、2015年3月に1期4226m開通したが、東仲尾沢トンネルは使用されていない。

2018年12月現在、入口付近がいくらか苔むし、内部に落書きが見られ、ナンバーがついたままの廃車が放置されている。

前の道路は多少雑草が茂っているものの、概ね綺麗な状態である。

状態
2018年12月30日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

東仲尾沢トンネル(安房広域農道) 住所

千葉県南房総市下滝田

東仲尾沢トンネル(安房広域農道) 種類

廃隧道

東仲尾沢トンネル(安房広域農道) 画像・写真

東仲尾沢トンネル(安房広域農道)
東仲尾沢トンネル(安房広域農道)
東仲尾沢トンネル(安房広域農道)
東仲尾沢トンネル(安房広域農道)

東仲尾沢トンネル(安房広域農道) ストリートビュー・空中写真

東仲尾沢トンネル(安房広域農道) ブログ・リポート

安房広域農道2期区間(東仲尾沢トンネル)
http://tok175.jakou.com/higashinakaosawa.htm
安房広域農道(東仲尾沢トンネル). 人知れずひっそりと供用を開始する広域農道や大規模林道。地図に載らないことも多いこの道だが、ネット地図では広域農道は載る事もある。この千葉房総南部に出来つつある安房広域農道も密かにだが着実に供用部分を 
安房広域農道
http://komaro.ikidane.com/awa/index.htm
2012年10月23日 地図上では1本のトンネルですが、実際には豊岡トンネルと丹生の2本立てです. やはり照明は こちらはトンネルの作業員ではなく、山林関係者が草刈をしていたのでこれ以上近づけません。地図ですと反対 東仲尾沢トンネル。 あ、ここも 
東仲尾沢トンネル | 道にあるちょっと古いもの
https://ameblo.jp/papagenopapagena/entry-11934902872.html
【名称】東仲尾沢トンネル(ひがしなかおざわとんねる)【所在地】南房総市富浦町宮本【竣工】2000(H12)年12月【延長】602.0m【幅員】6.0m【高さ】4.7m2012年3月18日訪問建設中の安房地域広域農道・東武線。現在地はココ(←クリック)9時の方向

ピックアップ廃墟