新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館 概要・歴史

和歌山県和歌山市新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館

基礎部分だけが海岸に残っている。

海岸沿いの駐車場脇に高架遊歩道跡らしいコンクリート土台が残り、さらに岬には大規模な建物基礎跡が見られる。旅館の跡らしい。

またホテル「萬波」(現役施設)下部には、明治〜大正時代に建てられた「新和歌浦水族館」跡の煉瓦壁が見られる。水族館は仙集館という旅館に併設され、建設されたものの営業されなかったとも、大正から昭和15年頃まで営業していたとも言われる。営業時期は昭和35年頃までともされ、詳細不明である。

なお、現役の和歌浦観光遊歩道路も2018年4月に発生したがけ崩れにより封鎖され、2018年10月現在、立ち入り禁止となっている。

状態
2011年09月15日作成  2018年12月13日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館 住所

和歌山県和歌山市新和歌浦

新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館 画像・写真

新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館
新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館
新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館
新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館
新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館
新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館
新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館
新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館
新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館
新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館
新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館

新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館 ストリートビュー・空中写真

新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館 スポット

新和歌浦のコンクリ土台のみ廃旅館 関連ブログ・参考リンク

和歌浦-廃墟と旅館のモンテカルロ | 路地裏ダイバー
http://againstars.blog20.fc2.com/blog-entry-279.html
和歌山市の南側の海辺に、「和歌浦(わかのうら、わかうら)」という名所がある。湾の北側にあたるこの地は、奈良時代からすでに景勝地として名高く特に
煉瓦・新和歌浦地区2 「水族館跡」 | 7yaのブログ
https://ameblo.jp/7ya-waka/entry-12005450004.html
【煉瓦モノ】では有名な地域ですが、実は初探索です。。すでに全国的にメジャークラス!ネットを見ていただければ写真や考察はたっぷり見れます・読めます。「破壊される前に記録する」を目的にしているので、それは他の皆さんにお任せしても十分との判断ですが、少しばかり「??
【和歌山】観光開発の夢の跡、新和歌浦の遊歩道 - 「旅」のことのはぐさ
http://hino0526.hatenablog.com/entry/2016/08/18/212156
新和歌浦の玄関口、洒落た高架道路うんちくは、このぐらいにして新和歌浦へ実際に行ってましょう。全盛期はさぞさ洒落た道路だったろうと思える、お寺のような凝ったデザインの擬宝珠の欄干と同じく凝ったデザインの外灯が続く、高架道路が新和歌浦に私たちを出迎えてくれます。高
新和歌浦を高台から眺めましょうぞ ^w^ - さすらいの武士 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/mononofu_spirit/37201935.html
ちなみに画面右下のレンガの構造物は、その昔は和歌山市営の水族館でござったようじゃw
  蓬莱岩の付近を歩く : 紀の国 城下町便り
https://youshowhm.exblog.jp/26603415/
蓬莱岩から見るホテル萬波(まんぱ)の建物と、今は廃墟になった水族館跡です。(下のレンガのところ)大正時代から昭和初期にかけての水族館とのことです。

ピックアップ廃墟