水床旅館 概要・歴史

宍喰の廃旅館

水床旅館は徳島県海部郡海陽町の旅館。

1970年代後半の開業と推測される。

2階建ての小規模施設である。

閉業時期不詳ながら、2000年代の閉業と見られる。

2012年時点でやや朽ちた状態となり、建物全体が蔦で覆われていた。

2017年12月時点で現存するが、解体準備が進められているらしい。

付近には物見台のような施設の跡もある。

状態
2019年07月09日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

水床旅館 住所

徳島県海部郡海陽町宍喰浦

水床旅館 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

水床旅館 画像・写真

水床旅館
水床旅館

水床旅館 ストリートビュー・空中写真

水床旅館 スポット

水床旅館 関連ブログ・参考リンク

水庄旅館|廃墟purelove日記
http://black.ap.teacup.com/purelove/307.html
徳島の漁港の付近にあった水庄なかなか渋い旅館でした。温泉は湧かしだったのですかね~なかなか行けるところではないので今はどうなっているか不明です。
オバサンヘアーでゴーゴー:2017年12月09日 - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/arajiru0721/archives/2017-12-09.html
今回は四国廃墟二日目のまとめみたいな感じです。まず、徳島から高知に抜ける前に偶然見つけた廃墟、水床旅館。玄関は普通にクローズ状態でした。とりあえず回り込んで探してみます。どうでも良いけど、廃墟って結構藪の中を突っ切ったりするんですが、自分みたいに多少身体が小さ

ピックアップ廃墟