西海橋水族館 概要・歴史

西海橋水族館は、長崎県佐世保市にあった小さな水族館。

1958(昭和33)年に西海橋遊園地水族館(西海橋ビューロッジ)としてオープン。

当初は遊園地と水族館があり、間に小型モノレールが走っていたという。

1988(昭和63)年頃に閉業。

水族館跡はそのまま放置され、廃墟化している。施設跡には「バンドウイルカ」などの往時の案内板が残る。

遊園地跡地には1993(平成5)年8月にコラソンホテルがオープン。ホテルそばにはモノレールの軌道跡、ゴンドラ跡も見られるらしい。

状態
2019年02月18日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

西海橋水族館 住所

長崎県佐世保市針尾東町

西海橋水族館 種類

水族館・動物園・植物園

西海橋水族館 ストリートビュー・空中写真

西海橋水族館 スポット

西海橋水族館 関連ブログ・参考リンク

GW九州の旅 4月30日午後
http://syoukanosora.blog42.fc2.com/blog-entry-290.html
2件目は西海橋水族館。 ぱっと見まったくそうは見えませんが、これでも水族館だったようだ。 ここへ来るまでと中に入るまで、どう考えても余裕すぎて拍子抜け。 水族館の廃墟なんてめずらしいからなぁ。 さてここで拍子抜けしてしまったので
終焉 -西海橋水族館-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-525.html
全ての思いをその身に秘めたまま、いつの日か朽ち切るその日が来るまで ここに佇んでいます。 ちょっと最後、しんみりしちゃったね☆ 次は明るい廃墟行ってみよー!(そんなんあるのか!?) 西海橋水族館探索 任務完了也 ( ̄^ ̄)
Track of light -西海橋水族館-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-523.html
24mm F4 語りつくされた感すらある廃墟と光のコラボですが、 どこの廃墟に行ったとしても、こういう姿を見るとホッとします。 Nikon D40 + Nikkor Ai 50mm/F1.4S 廃墟に降り注ぐ光と、そこに流れ行く
廃墟をさるいた。
http://blogs.yahoo.co.jp/tooru95/47475782.html
西海橋、新西海橋を望めるこの地に、 かつて、「西海橋水族館」が存在した。 多分、閉館して30年近く経つだろう。 その当時は、かなりの賑わいをみせていた。 近くには、ホテル、ホテルに隣接したプール、 小規模ながら遊園地も有り
西海橋コラソンホテルのモノレールと西海橋水族館跡 1996 - Tokyosky
http://tokyosky.sub.jp/tokyosky_webmasters_blog/2011/02/-1996.html
2011年2月7日 ハウステンボスではいつも園内のホテルに泊まっていたのだが、1996年、近くの西海橋 コラソンホテルに滞在初日に1泊したことがある。 モノレール横の階段を下りていくと 船着き場の先にすでに閉鎖された水族館らしき建物があった。
情景探索記 歓声の残響 -西海橋水族館-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-522.html
2010年4月22日 として稼動していたようです 水族館の閉館とともに、このゴンドラも役目を終えたので しょう。 今は目に見えぬ光で私の廃墟欲をそっと照らしてくれました。 続。 . 西海橋 コラソンホテルのモノレールと西海橋水族館跡 1996. 今回は番外編。
廃色melancholy 西海橋水族館 その4 最終
http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-395.html
廃墟探訪記や珍スポ探訪記、グルメや奇食を紹介していきます。 Author:キョン なんとなく中途半端な廃墟ブログです。 更新は気まぐれ。 毎日更新したり、一ヶ月空い たりしますが気長にお付き合い 西海橋水族館 その4 最終. 2011/05/27 Fri. 22:43:30 edit
@nifty:デイリーポータルZ:廃墟の水族館に行って来た
http://portal.nifty.com/kiji/120928157558_1.htm
2012年9月28日 毎日更新のおもしろサイト、デイリーポータルZです。謎に包まれた水族館の廃墟。 恐る恐る行ってみたら、魚がたくさんいた!」
硝化の穹 西海橋水族館
http://syoukanokaze.blog97.fc2.com/blog-entry-98.html
この物語は、硝化の穹管理人、嵐の平凡な廃墟旅を淡々と描くものです。 西海橋 水族館 行き先:長崎県西海市行動日:2011年4月30日車:ホンダ・インサイト人数:4人 天気:曇 悪天候が一向に直らず、当初予定していた場所を変更して代打で訪れたこの 場所
@nifty:デイリーポータルZ:廃墟の水族館に行って来た
http://portal.nifty.com/kiji/120928157558_2.htm
2012年9月28日 謎に包まれた水族館の廃墟。恐る恐る行ってみたら、魚が 学生時代、夜中に レストランの廃墟に数人で肝試しに行ったことがあった。そのおよそ一ヶ月後、そこで 傷心旅行、伊東の味噌汁専門店へ(04.08 16:00). ぬいぐるみに剃りこみを
西海橋水族館跡の夜 - お水の花道~トイレとウンコと時々廃墟 - Yahoo
http://blogs.yahoo.co.jp/suidouya0113/33671038.html
α77・フィシュアイ8㎜/ISO800 F2.8 ss30×148枚比較明合成 自殺が多く心霊スポットと名高い西海橋の袂にある 水族館跡で小一時間撮影 お化けはいませんでした.
情景探索記 再開 -西海橋水族館-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-521.html
saikai_040.jpg. Nikon D40 + Nikkor AF35mm F2D 西海橋と言うと、一昔前まで長崎北部ではけっこう有名な観光地でした (あ、今でもそれなりに観光客の方はいらっしゃいます) よもや近くにこんな廃墟があるなんて想像もしないでしょう。
情景探索記 水なき水槽 -西海橋水族館-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-524.html
今、整然と並ぶこの水槽に残っているものは何もありません 水の代わりに静寂が水槽に注がれていました。 西海橋水族館、次でFinish! けっこう引っぱったね・・・^^;. にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ. テーマ : 廃墟系 - ジャンル : 
西海橋水族館|45山さんの終末観光
http://ameblo.jp/origami-turu/entry-11583424079.html
もう夏休み…暑いし…何処か行きたいし…そうだ!水族館に行こう!!ごそごそ…ちょっと交通アクセス悪くない?とか言いつつ到着です!!入館料は無料なローコストハイクオリティー!さておじゃまします小さい所ですがなかなかワイルドな展示物ですねwさっそく水槽に…どれどれ…
廃色melancholy 西海橋水族館 その1
http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-392.html
九州探訪記も半ば今回からしばらくモデルさんになってもらう舞台はこここ西海橋から眺める、遠目に見えますそれは水族館の廃墟です
廃れた水族館(長崎県) - みつばちゃんの廃墟撮影日記
http://mitsu-bachi.jimdo.com/2013/12/06/廃れた水族館/
廃れた水族館(長崎県)廃墟外観展示室
情景探索記 海辺の廃水族館 -西海橋水族館-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-506.html
2010年4月5日 海辺の廃水族館 -西海橋水族館-. 今年初めに行ってきた廃墟です。 その日は寒いながらも非常に天気のいい日でした 澄み切った青空のように、爽やかに廃墟探索へ出かけたのです 海に沿って静かに佇んでいる廃墟。長崎県中部に位置 
カズマ博士の廃墟探訪 : 廃墟 西海橋水族館 その1 (写真20/39枚)
http://blog.livedoor.jp/kazumahakase-jikkenshitsu/archives/24133412.html
長崎県某所。そこに水族館の廃墟がある。その水族館はホテルに併設されていた。ホテルは今も現役で、水族館のみ忘れ去られている。ホテルは丘の上に立っており、 海の脇の水族館まではケーブルカーで降りることができた。
西海橋水族館
https://ameblo.jp/not-suger/entry-12277098392.html
今は廃墟となっている。 詳細がよくわからない水族館です。 内部は荒廃がかなり進んでいます。 この瓶は何があったのだろう? 逃げる女という某大手会社制作の番組で使われたらしい。 謎多きこの水族館。 どうなっていくのであろうか?

ピックアップ廃墟