薬師山砲台 概要・歴史

薬師山砲台は北海道函館市にある函館要塞遺構の一つ。

1899(明治32)年10月竣工。1900(明治33)年4月、15cm臼砲4門の据え付け。1916(大正5)年10月廃止。

山中に煉瓦遺構が残る。

状態
2019年07月11日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

薬師山砲台 住所

北海道函館市船見町25

薬師山砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

薬師山砲台 ストリートビュー・空中写真

薬師山砲台 ブログ・リポート

薬師山砲台
http://www009.upp.so-net.ne.jp/fortress/tsugaru/yakushi1.htm
(上)薬師山砲台の地下砲側庫薬師山砲台薬師山砲台の略年表1897(明治30)年11月函館要塞砲兵大隊の編成。1898(明治31)年6月薬師山砲台の起工。1898(明治31)年7月27日勅令第百七十六号として「要塞近傍ニ於ケル水陸測量等ノ取締ニ関スル件」が公布。
函館要塞 薬師山砲台跡|「そうだ樹海、行こう」 |←樹海| ┗(^o^ )┓三
http://ameblo.jp/woncul/entry-10368785247.html
15cm臼砲陣地跡。尾根を掘り下げた、低い位置に存在するため、敵の大砲も放物線をえがくように撃たなければ直撃を食らう心配はない。こちらの命中率は低いが、敵からの攻撃を受けるリスクは少なく、長期的に戦える陣地だといえる。真ん中で半分だけ仕切られていて、一方がやら
薬師山砲台/函館要塞(津軽要塞)
http://jm-hokkaido.sakura.ne.jp/is-hakodateyosai02.html
薬師山砲台函館山山頂から市街地を見る際に、左側に小高い山がある。そこが薬師山砲台である。(1)(2)函館山山頂へ向かう観光道道の途中から薬師山に続く遊歩道が整備されており、今回はそこから探索に。その入口から撮影したものが(1)。写真中央右の木々の無い道が塹壕の
薬師山砲台 - なんだか函館 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/tusk380/19286414.html
薬師山砲台その2久しぶりの薬師山砲台ではあるが8月中旬の画像である。しばらく薬師山砲台跡を見ていなかったのでその後の整備が気になり訪れたのが理由だが、やはりと言うか補修を要する箇所は放置状態であった。ま~財政難の昨今であるからして優先順位もあるだろう。今の不景

ピックアップ廃墟