三戸海岸南洞窟陣地(三戸浜南洞窟陣地) 概要・歴史

三戸海岸南洞窟陣地三戸浜南洞窟陣地)は神奈川県三浦市にある戦争遺構。

海岸に上陸する敵を北側の陣地と挟撃する構造だった。

岸壁に銃眼などが残る。

状態
2011年09月15日作成  2019年05月30日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三戸海岸南洞窟陣地(三戸浜南洞窟陣地) 住所

神奈川県三浦市初声町三戸

三戸海岸南洞窟陣地(三戸浜南洞窟陣地) 種類

軍事施設・戦争遺構

三戸海岸南洞窟陣地(三戸浜南洞窟陣地) 関連ブログ・参考リンク

Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 三戸南洞窟陣地
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-49.html
に潜入してきた。 北側の洞窟陣地に比べると規模は小さく構造も単純なのだが、ここはなかなか見所があった。 られていた。 もしかすると、狙撃手に指示を出すために外を監視するための穴だったのかも知れないが、あくまで推測である。
三戸海岸南陣地
http://www.geocities.jp/tcdnh830/yousai/newdata/mito_smap.html
三戸海岸南洞窟陣地詳細戻る概要:海岸に上陸する敵を北側の陣地と挟み撃ちで殲滅する。狙撃口は2箇所で機関砲が据付けられていたと思われる。北陣地では狙撃口や部屋はコンクリートで固められているが、岩盤がしっかりしているためか全て素堀のままである。狙撃口の数の割にはか
2010 4.1 三戸浜海岸洞窟陣地|S・G・Rのブログ
http://ameblo.jp/s-g-r/entry-10501374463.html
不完全燃焼で終った千代ヶ崎ですが、次に三戸浜海岸にやってきました。ここは11年前、俺が小5の春の遠足で来たことがあり、去年1度遊びにきている。だが、戦争遺跡があることに気づかなかった。ってか、興味がなかった。三戸浜海岸。北側。南側。あの山に洞窟が眠っている。左
とある戦跡と自衛隊 三戸南狙撃陣地
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-285.html
三浦市の三戸海岸南端にある三戸南狙撃陣地の紹介この海岸には狙撃陣地が2つあり、浜を挟んで南北に分かれていて浜に上陸して来た敵を挟撃する様に計画されていた様だ。体が埋るほどの藪を掻き分けて陣地を目指す銃眼に着くが、崖は崩れ、樹木は薙ぎ倒されて散乱している危険な場
横須賀海軍鎮守府三戸南洞窟陣地内部図
http://www.geocities.jp/nwsra2006/mitominami_inside.htm
Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 三戸浜南洞窟陣地に行ってきた
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-370.html
神奈川県の三浦半島にある、三戸浜。この浜の周辺には数々の遺構が遺されている。この砂浜の南端にある、三戸浜南洞窟陣地に潜って来た。車を駐め、砂浜を歩く。前方に見えるこの茂みの中に陣地が構築されているのだ。岩肌に近づくと、いきなり立派な銃眼が。早速中に入ってみよう

ピックアップ廃墟