宮城県 廃鉱・採石場跡 廃墟一覧

細倉鉱山
細倉鉱山(ほそくらこうざん)は宮城県栗原市にあった鉱山。鉛、亜鉛、硫化鉄鉱を主に産出していた。 発見は9世紀、大同年間ないし貞観年間に遡るとの言い伝えもある。...
大谷鉱山(宮城県)
大谷鉱山(おおやこうざん)は宮城県気仙沼市の旧本吉町大谷地区にあった鉱山。 平安時代より周辺で金が採掘され、平泉の黄金文化を支えたと伝えられている。 近代に...
仙台亜炭
仙台亜炭(せんだいあたん)は、宮城県仙台市とその周辺で採掘された亜炭。 幕末以降、主に広瀬川中流の向山層において小規模な炭鉱が多数散在する形で採掘が行われた...
岩倉炭鉱
岩倉炭鉱は宮城県栗原市にあった炭鉱。 1901年操業開始。当初は亜炭の採掘を行い、最盛期には年間6,000トンの採炭量を記録した。 1970年代に入ると安価で良質な輸入炭...
大土森鉱山
大土森鉱山(おおどもりこうざん)は宮城県栗原市にあった鉱山。 金・銀・鉛・亜鉛が採掘された。 細 倉鉱 山の北部 は以前には 横田鉱業(株)により稼行されており、...
鮎川鉱山
鮎川鉱山は宮城県石巻市にあった鉱山。 江戸時代に伊達正宗により開発されたと伝えられる。金が採掘された。 近代に入り、鮎川鉱山の経営していたが、1966(昭和41)...
不動金山
不動金山は宮城県石巻市にあった鉱山。 石巻市出身の鈴木留藏氏が買い取り、1931(昭和6)年に操業開始。20mの櫓を組み80から100人の人が働いたという。 地図位置の長...
松保土鉱山
松保土鉱山は宮城県栗原市(旧・栗原郡鶯沢町)にあった鉱山。 天保年間に稼行されたともいう。1906(明治39)年頃から金・銀・銅が採掘され、戦時下には銅鉱山として...
花山鉱山
花山鉱山は宮城県栗原市(旧・栗原郡花山村)にあった鉱山。虚空蔵、合ノ沢周辺に位置する。 1938年から1941年にかけて日本曹達(株)により稼行され亜鉛184t、鉛45tを...
鹿折鉱山
鹿折鉱山(ししおりこうざん)は宮城県気仙沼市(旧・本吉郡唐桑町)にあった鉱山。 1897(明治30)年頃より金が採掘された。日露戦争の戦費を捻出する程の大金山だっ...
七里沢鉱山(三晃鉱山)
七里沢鉱山(三晃鉱山)は宮城県白石市にあった鉱山。 鉄鉱・銅・亜鉛・紫水晶が採掘された。大規模の鉱山集落があったという。 1950年代に閉山。
丸森鉱山
丸森鉱山は宮城県伊具郡丸森町にあった鉱山。 モリブデンが採掘された。 槌屋近郊、桑代近郊に坑口跡が残るらしい。 地図はおおよその地点。
宮崎鉱山
宮崎鉱山は宮城県加美郡加美町にあった鉱山。 亜鉛・鉛・重晶石・石膏・マンガンが明治時代より採掘された。 茗荷沢、湯の倉、梵天、萱森、田代などの鉱床があり総称...
池月鉱山
池月鉱山は宮城県栗原市(旧・一迫町)にあった鉱山。 銅・鉛・亜鉛が採掘された。 慶長年間の開発と伝えられ、一時カワセ金山とも呼ばれた。戦時中は銅鉱山として金...
松岩鉱山
松岩鉱山は宮城県気仙沼市にあった鉱山。 ウラン・電気石が採掘された。
福岡鉱山
福岡鉱山は宮城県白石市にあった鉱山。 新立鉱業により石膏が採掘された。 地図はおおよその地点。 ホッパー基礎跡などが残るらしい。
刈田鉱山
刈田鉱山は宮城県白石市にあった鉱山。 1953(昭和38)年より石膏が採掘されていた。1966(昭和41)年当時で月産1,500~2,000tを出鉱。
女盛鉱山
女盛鉱山(めもりこうざん)は宮城県栗原市にあった鉱山。 1894(明治27)年に始まり、戦時中は日東鉱業(株)により銅・鉛・亜鉛鉱山として稼行された。 大土森金山...
砥沢鉱山(栗原市)
砥沢鉱山は宮城県栗原市にあった鉱山。 金・銀が採掘された。
蒲沢鉱山
蒲沢鉱山(かばさわこうざん)は宮城県仙台市青葉区にあった鉱山。 1940年頃より砂鉄・チタンが採掘された。北越電化工業(株)により稼行された。
八幡鉱山(大崎市)
八幡鉱山は宮城県大崎市にあった鉱山。 世界でもトップクラスの酸性度を持つ潟沼(かたぬま)から硫黄を採掘していた。 1893(明治26)年頃、東京の高松金次郎が硫黄...
秋保鉱山(新川鉱山)
秋保鉱山(あきうこうざん)は宮城県仙台市にあった鉱山。新川鉱山・奥新川鉱山とも呼ばれる。 江戸時代に新川鉱山として銅が採掘され、明治以降、秋保鉱山として鉄や...

ピックアップ廃墟