稲倉石鉱山(いなくらいしこうざん)は北海道余市郡余市町の稲倉石山にあった鉱山。 1885(明治18)年...

稲倉石鉱山

稲倉石鉱山 概要・歴史

稲倉石鉱山(いなくらいしこうざん)は北海道余市郡余市町の稲倉石山にあった鉱山。 1885(明治18)年...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

稲倉石鉱山 ストリートビュー・空中写真

稲倉石鉱山 関連ブログ・参考リンク

http://www5.plala.or.jp/tepuia/mine_inakuraishi.html
稲倉石鉱山~日本一のマンガン鉱山~探訪日:1984/05/06,2006/10/29稲倉石鉱山は、最初は金銀銅の鉱山として開発されました。後、マンガンの鉱山として脚光を浴びます。戦前には日本一のマンガン鉱産出高を記録し、戦時中には道内の重要鉱山の一つとして指定
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top590.html
稲倉石鉱山で水没する北海道古平町マンガンは紀元前2000年ごろ、すでにエジプトにおいて、ガラスの着色剤に使用された記録がある。わが国では19世紀に科学水準が高まるまで、日の目を見なかった。マッチや陶磁器に使用された以降、乾電池の原料として飛躍的にマンガンは需要
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top591.html
最高水位紅バラ色の結晶粒の荒いものは、菱マンガンと言われる代表鉱石であり、特徴的なのはカルシウム分に富んでいたこと。Mn含有が30%以下でも、それは取引の対象になったと言う。鉱務所と繋がった精錬所の上流には、万盛坑、金盛坑など4箇所以上の坑口の記録がある。遺構
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-108.html
そろそろネタ切れ?積丹秘境物語、今回は鉱山跡探険へここは戦前から戦後にかけて、金銀に加えマンガンの生産で栄え、特に「桜マンガン」と呼ばれるピンク色が特徴的な鉱石が採れたらしく、日本一のマンガン鉱山とも云われたそうです。昭和59年廃鉱となり現在は採石場跡になって
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/01-3.Doo/Furubira_Inakuraishi.html
◆稲倉石(いなくらいし)鉱山※この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「茅沼」(昭和36.6)を使用したものである所在:古平町沢江町(さわえちょう)地形図:稲倉石/茅沼両古美山/古平形態:川沿いに施設や家屋が集まる離村の背景:産業の衰退標高:約120
稲倉石鉱山 関連ワード
  • インカローズ
  • 採取
  • 鉱山
  • 限定入荷