衣笠弾薬本庫 概要・歴史

衣笠弾薬本庫は神奈川県横須賀市にあった旧陸軍施設。

東京湾要塞の弾薬本庫として1934(昭和9)年に造られたコンクリート製洞窟式弾薬庫である。完全防湿の洞窟式弾薬庫で、建設当事は世界無比と称されたという。

戦後、横須賀市が国から無償借り受け、公園墓地として整備されている。

現在確認できるのは、9区脇の駐車場にある2本、37区奥の駐車場の2本の計4本だけである。

また、周囲の丘陵の稜線には、敷地境界標石と警戒柵柱が見られるという。

状態
2011年09月15日作成  2019年06月10日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

衣笠弾薬本庫 住所

神奈川県横須賀市武1丁目

衣笠弾薬本庫 種類

軍事施設・戦争遺構

衣笠弾薬本庫 ストリートビュー・空中写真

衣笠弾薬本庫 スポット

衣笠弾薬本庫 関連ブログ・参考リンク

ふぉーとれす 東京灣要塞衣笠弾薬本庫
http://senseki739.blog118.fc2.com/blog-entry-54.html
昭和9年に造られた陸軍のコンクリート製洞窟式弾薬庫。陸軍築城部による建設のようだ。現在横須賀市の公園墓地内に一部が残存している。(4本)37区奥の弾薬庫。弾薬庫は2本で1組で内部で繋がっているようだ。誘爆防止のため弾薬庫の間隔は50mほどある。向かって左の弾薬
完全防音・防湿の旧衣笠弾薬庫(公園墓地内)~現在は市の資料庫に - 神奈川県カテゴリ - 空と海が溶けあう町から - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/suzu321/64317332.html
青天の霹靂・・・ぎっくり腰に続き、久しぶりの風邪引きでした。無茶な動きにもついてきてくれた身体に感謝をしたいとしみじみ思いました。横須賀日日新聞第16号の記事で大矢部6丁目の市営墓地が旧日本陸軍の弾薬庫であった場所を国から横須賀市が無償貸与されていた場所だった
衣笠弾薬庫
http://www.geocities.jp/tcdnh830/sub/riku/kinudan.html
衣笠弾薬本庫陸軍施設戻る東京湾要塞の弾薬本庫として、昭和9年に三浦半島の中央部に構築された。完全防湿の洞窟式弾薬庫で、建設当事は世界無比と称されたそうである。内部はコンクリート巻き立ての外庫と厚さ30cmの鉄骨鉄筋コンクリ-トの内庫の二重構造であり、内庫は前室
衣笠弾薬本庫おまけ - とある戦跡と自衛隊
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-619.html
せっかく弾薬本庫を記事にしたので、ついでに弾薬庫内部を紹介しておく現在内部は既に弾薬は無くなっていたが、霊園の掃除、工事資材等置き場に活用されている。戦後は当然のごとくに米軍に摂取され、弾薬及び物資の貯蔵庫として使用されるのだが、返還後国から市が無償借り受けし

ピックアップ廃墟