中ノ島は長崎県長崎市にある島。軍艦島(端島)の隣に位置する。 端島より早い1879(明治12)年に中ノ...

中ノ島

中ノ島 概要・歴史

中ノ島は長崎県長崎市にある島。軍艦島(端島)の隣に位置する。 端島より早い1879(明治12)年に中ノ...

中ノ島 画像

中ノ島
©Departure
©Departure
©Departure
©Departure
水上緑地公園
©Departure
©Departure
By さかおり [CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)], from Wikimedia Commons

近くのスポット

中ノ島 ストリートビュー・空中写真

中ノ島 関連ブログ・参考リンク

http://blog.goo.ne.jp/ruinsdiary/e/0b3538ada7b6de3fefabeb8957c841c1
軍艦島の中でもよく知られた場所や有名なエピソードの数々は、軍艦島関係の老舗サイトさんを初め、私たちオープロジェクトや端島出身の方のサイトもで、沢山アップされているので、このブログでは、あまり知られていない所を取り上げていきたいと思います。この特集は軍艦島の隣に
http://hakkaku-culture.info/webmagazine/000312.php
GWに軍艦島を見に長崎県に行きました。しかしクルージング出発時刻に、(3時間ほど)寝坊してしまい、私は小さな漁港で途方に暮れていました。すると親切な漁師さんが、軍艦島の隣の中ノ島に連れて行ってくれるといいます。私は『軍艦島の遺産』(後藤恵之輔・坂本道徳著/長崎
http://hayabusa-3.dreamlog.jp/archives/51215195.html
軍艦島ツアーガイドをしていた時、軍艦島のすぐ横にある島(岩礁)、中ノ島について説明する際、「軍艦島の埋め立て前は、あの中ノ島よりも少し小さな島だった」と言うと、けっこう驚く人がいました・・・ツアーでは、軍艦島の手前にあるので、中ノ島について説明を始めますが、ゲ
http://tanago.dreamlog.jp/archives/3356799.html
中ノ島の炭鉱開発は明治16年、端島(軍艦島)より先んじて行われましたが、約10年の操業で閉山。都市機能の全てを備えた端島でしたが火葬場だけは島内になく、500mほど離れた中ノ島に火葬場が造られました。普段、人や定期船で賑わうドルフィン桟橋とは違う桟橋から、棺を
http://imagic.qee.jp/sima4/nagasaki/hasima.html
★中ノ島は端島の北北東約700mに浮かぶ無人島。炭鉱開発は明治12年(1879)に始められ、同17年に官有となった後、三菱に払い下げとなり同26年まで石炭採掘が行われていました。坑道の湧き水が多く、掘削困難となったことが閉山の理由でした。★閉山後は桜が植えられ
http://www.gunkanjima-odyssey.com/GS22-01-12.htm
端島に最も隣接する中ノ島は元来炭鉱の島で、既に細々と操業されていた鉱区を、端島よりも早い明治17年(1884)に三菱社が買収し、竪坑2本を掘削するなど、本格的な操業が始まりますが、坑道の湧き水が多く明治26年(1893)に操業を停止し、その炭鉱生命は短命に終わ
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/24265183.html
生活していくうえで必要なものは全て揃えられているという印象のある軍艦島だが、火葬場やお墓は無いのである。軍艦島から約500m北東にある中ノ島がその役割を果たしていた。中ノ島は元来、炭鉱の島で軍艦島より早い明治17年に三菱が買収し操業が始まっている。しかし9年と
http://gnews.seesaa.net/article/3790268.html
中ノ島炭鉱は「軍艦島」端島の隣にある島かってこの島も炭鉱の島だった。石垣の上に立坑やぐら、日本の煙突が見える明治17年から明治26年まで操業していた。戦前戦後の6年間人が住みヤギや豚を飼育していたそうである。端島閉山までは火葬場、公園として使用された。昭和30
http://www.little-snow.com/ritou/nakanosima.html
中ノ島に船で近づいて望遠100ミリで撮って見た限りでは、廃墟というより遺跡化しています。桜は今でもあるのかな?いつか上陸してみたい島です。中ノ島からコンニチワ~って、わーい端島だー!!あ、階段だー!上りたいな~。2003年9月長崎県中ノ島
https://forbiddenkyushu.wordpress.com/2011/07/26/端島住民憩いの島-中ノ島1/
端島の隣にあり、端島よりも小さな島「中ノ島」は、元々炭鉱の島でもありました。採炭の時期は明治16年ごろから10年間と短く、その後は放置状態でしたが、昭和37年に島が整備され、島頂には公園も造られて、端島住民の憩いの場となっていたそうです。島の岩場に同化している
http://aribaka.blog112.fc2.com/blog-entry-90.html
手前のレンガの遺構が転がってるのが中ノ島奥が端島(通称:軍艦島)端島では産業であった炭鉱と人々の生活があった中ノ島には火葬場や墓地があったそれぞれの役割のあった二つの島【撮影月日】2011.06.25【撮影地】長崎県長崎市【撮影機種】NikonD80+AF-S
https://departure.amebaownd.com/posts/6160184
軍艦島の隣に位置する。1884年に三菱の所有となり炭鉱の開発が始まったが、坑内の湧き水により、わずか9年で閉山。その後は軍艦島住民のための海浜レジャー場となり、1962年から水上緑地公園が整備されたという。軍艦島には墓地がない。代わって中ノ島に、火葬場や墓地が
中ノ島 関連ワード
  • 1m
  • 21時
  • 22時
  • 30分
  • 3番
  • 5体
  • www
  • いたる
  • お客さん
  • さら
  • まシタ
  • イルミネーション
  • カブト
  • キルト
  • キルト展
  • チーズフォンデュ
  • トイレ
  • ビジネス街
  • フェリー
  • ライトアップ
  • ラバーダック
  • ワクワク
  • 三方
  • 三隈河畔
  • 下ろし
  • 両脇侍
  • 中ノ島公園
  • 中之島
  • 中之島公園
  • 中央卸売市場
  • 中心
  • 休日
  • 会社
  • 先頭車
  • 公園
  • 到着
  • 動画
  • 参拝道
  • 受けている
  • 囲まれて
  • 場所
  • 大阪
  • 大阪城
  • 大阪市
  • 奥州藤原氏
  • 定番
  • 寒い
  • 寺院
  • 巡りました
  • 帰り
  • 平安
  • 平泉
  • 当たる
  • 影響
  • 御堂
  • 御堂筋
  • 徳姫
  • 感じ
  • 成している
  • 所在地
  • 撮影
  • 散策コース
  • 映える
  • 映画
  • 最寄駅
  • 来居港
  • 構造
  • 正面
  • 歩きました
  • 毛越寺
  • 気温
  • 江戸
  • 洗った
  • 浄土式庭園
  • 淀屋橋
  • 渡月橋
  • 渡根方面
  • 瀬田川
  • 無量光院
  • 盛んだった
  • 知夫里島
  • 私市側
  • 空間
  • 紅葉
  • 経由
  • 結果的に
  • 船頭
  • 西
  • 西区
  • 見てきました
  • 設けられています
  • 設定
  • 試験点灯
  • 輝いてる
  • 運用
  • 釣り
  • 阿弥陀堂
  • 鬼火