室木神田炭鉱 概要・歴史

室木神田炭鉱は福岡県鞍手郡鞍手町にあった炭鉱。八尋に一ヵ所、室木に二ヶ所の坑口があったという。

1932(昭和7)年に菅原鉱業、その後は井宝鉱業、福岡商会、山興神田と経営者が変わり、1971(昭和46)年閉山。

煉瓦遺構、坑口跡が残る。

地図はおおよその地点。

状態■■
2019年02月27日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

室木神田炭鉱 住所

福岡県鞍手郡鞍手町八尋

室木神田炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

室木神田炭鉱 画像・写真

室木神田炭鉱

室木神田炭鉱 ストリートビュー・空中写真

室木神田炭鉱 スポット

室木神田炭鉱 ブログ・リポート

室木付近の煉瓦モノ | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/431.html
先日宗像調査部長さまから見せてもらった1枚の写真古い坑口の前で撮った記念撮影と思われるショットだったけど何気にこの坑口が気になって調べてみたくなった。手がかりは『福商神田炭鉱』画像を見た帝王さまは坑口に掲げられたお札?に英彦山の文字が読めるとの事だったので筑豊
室木 神田 炭坑|鶴嘴さんのブログ
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11212448253.html
神田炭坑は、八尋に一ヵ所、室木に二ヶ所の坑口をもっているつまり、八尋神田と室木神田の両坑を合わせて、神田炭坑として経営したのは、菅原誠氏(菅原神田鉱業所)である…八尋地区にも神田炭坑がありましたが、南側の室木地区にも神田炭坑は、あった今回は、お隣の室木地区を探
室木 神田 炭坑2|鶴嘴さんのブログ
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11212493511.html
前回遺構探索途中に出会った、方の家へすると、息子さんに声をかけてもらえて事情を話て息子さんと一緒に坑口まで行く事にとりあえず、地主さんは別にいらっしゃるみたいなんですが、2日に一回来るみたいらしいですでも、ミカンの木や畑を荒らさないなら入ってもいいと言われてる
室木 神田 炭坑3|鶴嘴さんのブログ
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11213428844.html
こちらの室木神田炭坑には、まだ何かしら遺構が残ってると思ったので、早速探索開始とりあえず、視界が届く間隔で行ったり来たり藪探を開始して、すぐに遺構大小2つのコンクリート遺構です硬山の斜面入口にありますので、スキップの遺構だと思っていましたがこちらを、(昭和49
室木 神田炭鉱跡(其ノ壱) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/433.html
鞍手郡鞍手町室木神田(しんでん)地区にあった炭鉱1974年頃の神田炭鉱付近(画像は国土交通省より)菅原鉱業→井宝鉱業→株式会社福岡商会→山興神田株式会社昭和42年まで記録が有るので閉山もこの辺でしょう。前回の投稿では冬まで待つ予定でしたが当ブログを見てくれてい
室木 神田炭鉱跡(其ノ弐) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/454.html
珍しく撮って出し。前回の投稿から約2ヶ月モジャも衰退した頃なので見つけてない巻揚機台座を探しがてら来てみた。さすがに冬ですな、坑口が丸見え♪役割不明な遺構も判りやすい折角なので冬版として撮っておく不明遺構はかなり傾いてますな元々は別場所にあったのかもこっち側か

ピックアップ廃墟