幾春別森林鉄道(神泉隧道) 概要・歴史

幾春別森林鉄道は北海道三笠市(旧・三笠町)にあった森林鉄道の通称。

1938(昭和13)年より運行。沿線に桂沢ダムが建設され、代替林道が建設されたこと、住民の転居が進められたことから1955(昭和30)年に廃止された。

桂沢付近では良質なエゾマツ、トドマツがとれることで知られ、江戸時代から林業が盛んであった。

廃線跡の一部が三笠市立博物館裏手の遊歩道として整備されている。

神泉隧道はこの遊歩道沿いに残された森林鉄道の隧道である。

状態
2018年12月22日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

幾春別森林鉄道(神泉隧道) 住所

北海道三笠市西桂沢

幾春別森林鉄道(神泉隧道) 種類

廃線・鉄道駅

幾春別森林鉄道(神泉隧道) 画像・写真

幾春別森林鉄道(神泉隧道)

幾春別森林鉄道(神泉隧道) ストリートビュー・空中写真

幾春別森林鉄道(神泉隧道) 関連ブログ・参考リンク

白亜紀へのロマンを駆り立てる神泉隧道: なんだか知らないけどトンネル
http://tunnellove.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-f463.html
8月3日の記事で報告させて頂いたように、2ヶ月半程経前の8月1日、私は、札幌から高速道路を使って1時間程の距離にある三笠市という、かつて炭鉱で繁栄した街へと行って、市内にある炭鉱の立坑跡や坑口跡、発電所跡、鉄道(幌内線) 
ゆるたん。神泉隧道
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/?tag=神泉隧道
トンネル来た!!テンションだだ上がり。「神泉隧道」と、こちらはいたって真面目な名前ですがこの手作り感の雰囲気、電灯すらもなさそう…とんねるとんねるうれしいな~♪貝の化石?本物ですかね?トンネル入口付近にありました。ほんとに明かりがない…手掘りじゃないですか…や
トンネル - 産業遺跡リスト
http://kuromax.web.fc2.com/ruin/hokkaido/tunnel/index.htm
幾春別森林鉄道 神泉トンネル. 1935年に開通し、1955年に廃線になった幾春別森林鉄道のトンネルです。現在は、公園化しており、廃線跡は遊歩道(サイクリングロード)として整備されているので、トンネル内を通ることができます。 ※一般公開されています。

ピックアップ廃墟