大渕発電所 概要・歴史

大渕発電所は福岡県八女市の発電所。国道442号線沿いに位置する。「O発電所」として紹介されていることもある。

1925(大正14)年、三潴郡北部の耕地整理地区の灌漑用電源として作られた。出力1500kw。全国唯一の農業開発電源だったという。

1962(昭和37)年に福岡県の矢部川総合開発に協力する形で閉鎖となった。

内部施設は撤去され、現在は倉庫として活用されている。

建物裏手の山側にはコンクリート製の台座なども残っている。

状態
2011年09月15日 作成
2019年07月16日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大渕発電所 住所

福岡県八女市黒木町大淵

大渕発電所 種類

廃工場・発電所

大渕発電所 画像・写真

大渕発電所
大渕発電所

大渕発電所 ストリートビュー・空中写真

大渕発電所 関連ブログ・参考リンク

大渕発電所跡 | 九州ヘリテージ フィールドノート
http://blog.kyushu-heritage.jp/?eid=172681
福岡県南部に位置する黒木町に、ずっと昔から気になっていた物件がありました。主要道路沿いにある古いRC構造の倉庫のような建物なのですが、なんとなく“発電所”跡なのではないかとにらんでいました。過去2度ほど近くを車で通っており、その時は通り過ぎながら見ていただけで
福岡県:大渕発電所跡 – FORBIDDEN KYUSHU
https://forbiddenkyushu.wordpress.com/2011/05/26/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E7%9C%8C%EF%BC%9A%E5%A4%A7%E6%B8%95%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E8%B7%A1/
そんな先日の写真から、たまたま通りがかりに見つけた建物。夜中に出発して高速は通らず、国道や県道をもそもそと走ってくると、朝5時にはだいぶ明るくなってきます。そして福岡は黒木町付近を通る頃には6時前くらいだったでしょうか、それは突然目に飛び込んできました。見るか
O発電所 -NEGATIVE WORLD- : PHOTRESBIENNE
http://smakiphoto.exblog.jp/25650822/
福岡某所をブラブラしていたら、気になる建物を発見。うむむ・・・どの角度から見ても、アレにしか見えない・・・拝観の案内柱も気になりますし、取り敢えず近付いてみます。扉が開いていたので、そっと中を覗いてみる・・・こ、これは・・・もうアレでしょう、アレしか考えられま

ピックアップ廃墟