磐城炭礦軌道線(いわきたんこうきどうせん)は福島県いわき市(旧・石城郡湯本町および小名浜町)の石...

磐城炭礦軌道線

磐城炭礦軌道線 概要・歴史

磐城炭礦軌道線(いわきたんこうきどうせん)は福島県いわき市(旧・石城郡湯本町および小名浜町)の石...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

磐城炭礦軌道線 ストリートビュー・空中写真

磐城炭礦軌道線 関連ブログ・参考リンク

http://www.hotetu.net/haisen/Tohoku/100109iwakitankoukidou.html
更新日時2010年01月17日磐城炭礦軌道線(いわきたんこうきどうせん)は、現在福島県いわき市となっている、石城郡湯本町と小名浜町を結んでいた鉄道路線(軽便鉄道・軌道線)。磐城炭礦株式会社(現在の常磐興産株式会社)が運営していた。常磐炭田で採掘された石炭を小名
http://www.hotetu.net/haisen/Tohoku/100109jyoubanmukaida.html
更新日時2010年01月20日神永喜八、片寄平蔵らにより発見された明治時代初頭から、福島・茨城両県の海岸線に面する丘陵地帯にかけて大規模な炭鉱開発が行われた。これは、首都圏に最も近い炭鉱として注目されたためである。しかし硫黄分を多く含有し、純度の低い炭質(低品
http://www.hotetu.net/haisen/Tohoku/100109jyoubanhiwatashi.html
更新日時2010年01月19日神永喜八、片寄平蔵らにより発見された明治時代初頭から、福島・茨城両県の海岸線に面する丘陵地帯にかけて大規模な炭鉱開発が行われた。これは、首都圏に最も近い炭鉱として注目されたためである。しかし硫黄分を多く含有し、純度の低い炭質(低品
http://www.hotetu.net/haisen/Tohoku/100109jyoubanonodasen.html
更新日時2010年01月24日神永喜八、片寄平蔵らにより発見された明治時代初頭から、福島・茨城両県の海岸線に面する丘陵地帯にかけて大規模な炭鉱開発が行われた。これは、首都圏に最も近い炭鉱として注目されたためである。しかし硫黄分を多く含有し、純度の低い炭質(低品
http://www.geocities.jp/sendaiairport/iwaki/tankou1.htm
磐城炭鉱軌道~始まりの鉄道~磐城炭鉱軌道の基礎知識(小野田坑~湯本停車場)開設明治20(1887)年9月廃止昭和15(1940)年頃磐崎村(現いわき市常磐上湯長谷町)上湯長谷力石~岩崎村湯本(現いわき市湯本)天王崎全長3.15km軌間762mm磐城地方始めての
http://s.webry.info/sp/spottedseal.at.webry.info/200807/article_1.html
小野田炭鉱閉山間もない時期を撮影した写真集がある。プロの写真家で福島県白河市に御住いの「丹野清志」さんの写真集「1963炭鉱住宅常磐炭田小野田炭鉱」だ。http://www.graficamag.com/memoria/yubari_jouban_memori
http://kaido.the-orj.org/stop/jo-o0.htm
磐城炭鉱軌道・三函隧道(いわき市湯本)2006.09[TOP][寄り道][廃線Web]常磐炭鉱専用鉄道・小野田線●●明治14年(1881)●小野田鉱山が採炭を開始。馬の背に乗せて小名浜港まで運んでいた明治17年(1884)
http://www.geocities.jp/sendaiairport/yunagaya/nagakura.htm
常磐炭鉱専用鉄道小野田線~始まりの専用鉄道~常磐炭鉱専用鉄道小野田線の基礎知識開設明治30(1897)年2月22日廃止昭和44年(1969)年12月1日湯本駅~磐崎村上湯長谷(現いわき市常磐上湯長谷)力石全長2.94km上湯長谷地区の採炭安政7(1860)年、
http://www.geocities.jp/sendaiairport/onoda/ond-1.htm
常磐炭鉱専用鉄道小野田線常磐炭鉱専用鉄道小野田線の基礎知識開設明治30年(1897)廃止昭和44年(1969)常磐線湯本駅~磐崎村上湯長谷(現いわき市常磐上湯長谷)全長2.94km参考(磐城炭鉱軌道)開設明治20年(1887)廃止昭和15年頃(1940)(湯本
http://www.geocities.jp/sendaiairport/onoda/ond-2.htm
常磐炭鉱専用鉄道小野田線1~湯本駅→宝海隧道~JR東日本常磐線いわき駅から電車に乗り、東京方面へ向かうと2つ目の駅が湯本駅である。常磐湯本温泉の地元として全国的にも有名であるが、映画「フラガール」の公開によりその知名度を格段に増したのは喜ばしい限りである。映画
http://kaido.the-orj.org/stop/jo-o1.htm
常磐炭鉱専用鉄道・小野田線1(いわき市湯本)2005.03[TOP][寄り道][廃線Web]かつて全国3位の石炭産出量を誇った常磐地方。首都圏に近い、と周辺には多くの石炭運搬専用鉄道が敷設されたが、その中で長倉鉱山と小野田鉱山から常磐線・湯本駅へ石炭を運んだ専
http://www.geocities.jp/sendaiairport/onoda/hiwa-1.htm
常磐炭鉱専用鉄道日渡線○常磐炭鉱専用鉄道日渡線の基礎知識開通明治42年(1909)5月31日廃止昭和42年(1967)6月30日湯本駅~湯本町湯本字日渡全長760m○入山採炭第四坑として開山明治28年(1895)白井遠平氏によって起業された入山採炭株式会社は第
http://kaido.the-orj.org/stop/jo-h.htm
常磐炭鉱専用鉄道・日渡線(いわき市湯本)2005.12[TOP][寄り道][廃線Web]常磐線・湯本駅付近は炭鉱の専用線跡だらけである。この画像の中だけでも、小野田線向田線三函隧道と、三路線ある。その後の調査で、さらに日渡線の存在が判明したので、再度訪問してき
http://www.geocities.jp/sendaiairport/onoda/muka-1.htm
常磐炭鉱専用鉄道向田線常磐炭鉱専用鉄道向田線の基礎知識開通大正7年(1918)5月13日廃止昭和51年(1976)9月15日湯本駅~湯本町湯本字辰ノ口全長900m○入山採炭湯本東口に進出入山採炭㈱は内郷白水地区に第一坑~第三坑、湯本日渡に第四坑を開いた。更なる
http://kaido.the-orj.org/stop/jo-m1.htm
常磐炭鉱専用鉄道・向田線(いわき市湯本)2005.07[TOP][寄り道][廃線Web]画像のすぐ下には常磐線・湯本駅がある。駅のすぐ北で右に分岐しているのが常磐炭鉱専用鉄道の向田線である。分岐してすぐに国道6号線を横断、さらに湯本川を渡る。(黄○印)軌道は常