上田銀山 概要・歴史

上田銀山(うえだぎんざん)は新潟県魚沼市にあった銀鉱山。

現在、銀山平と呼ばれているこの地は枝折峠の奥にある秘境の地で、文禄年間より小出島・湯之谷郷の住民によって、川鱒採りやゼンマイ採りが行われていた。

1641年(寛永18年)発見。当時の只見川上流は秘境であり高田藩と会津藩の国境未確定地域となっていて、銀鉱山の発見により国境争いとなった。15年を経て只見川中央を国境とする裁定が下り、開発が進められ1656年(明暦2年)に完成、翌1657年に鉱山開きの神事が執り行われた。

高田藩による銀の採掘は25年に及んだが、1681年に高田藩主・松平光長が高田騒動により改易されたことにより中止。高田の商人・須浜屋が5ヶ年の期限付きで再開。1689年(元禄2年)には只見川を隔てた会津藩領からも銀鉱が発見されて白峯銀山(しらぶぎんざん)と名付けられ、上田銀山と白峯銀山を合わせて大福銀山と呼ばれた。江戸幕府は両銀山を直轄経営とした。

1706年(宝永3年)に坑内排水作業の手違いから坑道が崩落し、多数の死傷者が出た。幕府は留山の処置に踏み切るも、小出島の松原氏、江戸の森田屋、下野国の正田利右衛門らにより銀・鉛の採掘が続けられた。

1862年(安政6年)、採掘中に過って只見川の河床を掘り抜き大量出水。300余名の死傷者を出し閉山となった。

跡地には1962年(昭和37年)に完成の奥只見ダムが建設され上田銀山・白峯銀山の間歩跡や集落跡は湖底に沈んだ。

地図位置の十二山神社に供養塔があり、そこからダムに向かって山を下ったところに5箇所の坑道跡が残り管理されている。見学可能。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

上田銀山 住所

新潟県魚沼市上折立

上田銀山 種類

廃鉱・採石場跡

上田銀山 スポット

上田銀山 関連ブログ・参考リンク

十二山神社と銀山間歩 ( 歴史 ) - 四季*おり*オリ*の散歩道で♪ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/orion_chelsea/64579666.html
国道352号を、先日通った枝折峠方面とは逆に走ると(通称:樹海ライン)銀山平から26キロ、県境まであと9.4キロという、奥只見湖(銀山湖)を望める山中に「大福銀山十二山神社」が祀られています。江戸時代に只見川の上流で銀が発見されると、越後(高田藩)側の上田銀山

ピックアップ廃墟