江ノ島砲台 概要・歴史

江ノ島砲台は、神奈川県藤沢市の江の島に残る旧日本軍の砲台跡。

江ノ島は大戦末期に要塞化され、島の東岸と西岸に砲台が設置された。西岸には海軍砲2門と複数の洞窟陣地が残されている。

一部が資材置場や住居に転用されている。

稚児ヶ淵の遊覧船乗り場付近から岩場伝いにアプローチ可能だが、足場が悪く危険である。

状態
2011年09月15日作成  2019年02月28日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

江ノ島砲台 住所

神奈川県藤沢市江の島

江ノ島砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

江ノ島砲台 スポット

江ノ島砲台 関連ブログ・参考リンク

江ノ島砲台(その1)
http://gggzzz.cool.ne.jp/ikou/main2/Enoshima01.html
1999年11月27日 江ノ島砲台(その1). ここは神奈川県藤沢市江ノ島。洞窟型の砲台だったようです。現在 は住居として使用されています。1999年10月24日の遺構探訪「三浦半島遠征」に於 いて関東地区の砲台跡研究の第一人者であるネーモン氏と戦争遺跡
江ノ島の洞窟陣地
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn011/enosima/enosima.html
江ノ島には以前、戦争遺跡探索で行ったことがあり、落下傘訓練で使われた展望台の 写真を撮ったが、海岸に洞窟砲台跡があると知ったので、再度行くことにした。 洞窟砲台 跡の場所は江ノ島の北西側の崖。ここに到達するには、漁港側から回り込む方法と、
読者投稿 廃駅跡
http://page.freett.com/break58/4-010.HTM
4-10 江ノ島砲台跡地. Special Thanks ! 一発目は「江ノ島」です。江戸時代から「 江ノ島詣」があったくらいで、有名です。 今では、湘南地方を代表する観光スポットになっ ています。 その観光スポットに、旧日本軍の砲台跡があると言うことで、向かいました。
江の島
http://www.geocities.jp/tcdnh830/yousai/newdata/eno.html
江の島にも横須賀海軍特別陸戦隊の海面砲台が構築されていたが、第五十三軍の 管轄下であり陸軍部隊も洞窟陣地を構築していた。砲台は、島の東岸と西岸にあった。 東岸は居住地区になっており調査不明である。 西岸には、海軍砲(14又は15cmカノン
横須賀海軍鎮守府江ノ島第一洞窟砲台内部図
http://www.geocities.jp/nwsra2006/enosima_doukutu1_inside.htm
Music by Finalia/P's MAT. setstats. 1.
江の島散策コース マニアック編
http://harady.com/enoshima/hiking/maniac.html
磯遊びを楽しんだら釜の口まで戻り江の島婦人センターの裏手で砲台跡を観察後旧 市街通りを通って参道に入ります。 参道には岩本院、恵比寿 江ノ島弁天橋を渡る 途中の屋台でサザエのつぼ焼きなど楽しむのも江の島ならではです。 ちょっと後ろを 振り返っ
10 江ノ島砲台跡
http://freett.com/break58/4-010.HTM
それでは、今回もぴぴさんの案内で、どうぞ。 一発目は「江ノ島」です。江戸時代から「江ノ島詣」があったくらいで、有名です。 今では、湘南地方を代表する観光スポットになっています。 その観光スポットに、旧日本軍の砲台跡があると言うことで、向かいました。
江ノ島砲台(その1)
http://www.zakkisou.com/ikou/main2/Enoshima01.html
江ノ島砲台(その1). ここは神奈川県藤沢市江ノ島。洞窟型の砲台だったようです。現在は住居として使用されています。1999年10月24日の遺構探訪「三浦半島遠征」に於いて関東地区の砲台跡研究の第一人者であるネーモン氏と戦争遺跡研究の重鎮で 

ピックアップ廃墟