千町鉱山

坑道内にトロッコ軌道が残る

千町鉱山(せんじょうこうざん)は愛媛県西条市にあった鉱山。

日本窒素肥料により銅が採掘された。大正期に閉山。

鉱石はトロッコで索道場に運搬され、索道で対岸の荒川八之川地区まで運ばれ、そこから国道194号の前身である日本窒素肥料馬車軌道により、船形地区の五差路西まで輸送され馬車に積み替えられていたという。

ズリ跡や鉱山機器類のほか、現在も坑道内部にトロッコ軌道が残っている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

千町鉱山 住所

愛媛県西条市千町乙

千町鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

千町鉱山 写真・ブログ・リポート

千町鉱山
http://www.mafura-maki.jp/tanbo/kouzan/senjo/view9.cgi
HOME千町鉱山銅(キースラガー)地図千町と書いて「せんじょう」と読む難読地名。キースラガーこと別子型鉱床(層状含銅硫化鉄鉱)を産出した銅鉱山で、大正期間に操業されました。大規模なズリ山があるわけではなさそうでしたが、ルールに従って詳しい場所は掲載できません。
愛媛の鉱山跡
http://www13.plala.or.jp/awa-stone/A16_10.htm
コンテ52017/06/21地元の人に従って行動しよう!「あわ~スタイル」「いしにっき」「気ままに訪問記」などもご覧ください。千町鉱山場所西条市鉱種キースラーガー稼働期間鉱業権者備考トロッコ跡1.高智神社の境内2.高台から見た神社の杜3.山道敷設のため寄付した
四基の坑道を回遊・千町鉱山・前編|自然、戦跡、ときどき龍馬
https://ameblo.jp/kochi-romp/entry-11526221931.html
≪トロッコ・レールやU字支洞も≫拙著「四国の鉄道廃線ハイキング」収録の国道194号の前身、加茂土工森林組合馬車軌道は元々、千町(せんじょう)鉱山の鉱石運搬のため、大正期、日本窒素肥料㈱が八之川から船形まで敷設した馬車軌道が前身である。鉱山は標高360m前後にあ
山を歩く(その5) 平成17年3月12日
http://9.pro.tok2.com/~arajishi/yama/yama005.html
山を歩く(その5)平成17年3月12日千町鉱山跡・新居鉱山跡を訪ねて80年ほど前に閉山となった千町鉱山。先日、ネットで交流させていただいているkurohikoさんが訪れたという話をきいたので、久しぶりに訪ねてみることにした。帰りに新居鉱山のズリ跡にも行ってみた
千町鉱山をやっと発見(第一部) ( 愛媛県 ) - ちょっとそこまで 明日なろ日記 Vol.1 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/frick000/9023299.html
千町地区の南側の尾根を越えたところに鉱床があった鉱山。鉱山の鉱石を搬出する目的で、大阪に本社のある日本窒素肥料株式会社が八の川まで軌道を新設し、このことが加茂地区の木材の運搬に大きな変化をもたらした。千町鉱山は、閉山後も何度か新たに掘り進み銅を産出

ピックアップ廃墟