対州鉱山(たいしゅうこうざん)は長崎県対馬市にあった鉱山。 674(白鳳3)年に初めて銀が採掘され朝...

対州鉱山

対州鉱山 概要・歴史

対州鉱山(たいしゅうこうざん)は長崎県対馬市にあった鉱山。 674(白鳳3)年に初めて銀が採掘され朝...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

対州鉱山 ストリートビュー・空中写真

対州鉱山 関連ブログ・参考リンク

https://woodiland.exblog.jp/23337158/
文献によると、大化改新後の白鳳3年(西暦674年)はじめて銀が採掘され朝廷に献上されました。場所は対馬市厳原町佐須地区で、これが対州鉱山の始まりです。江戸時代には対馬藩主宗家によって銀、鉛を含む鉱石が盛んに採掘されました。江戸時代の代表的な銭貸である寛永通賓に
https://blogs.yahoo.co.jp/milkmikky22/64959312.html
対馬の産業振興の要として、旧厳原町はこの橋にも、従業員のための住宅にもずいぶん力入れしました鉱山は給料がよく、給料日にはこの『白銀橋』に飲屋のママさんたちが並んだものです~!ドイツから来た技術者が発電機を作って管理していましたそれで、厳原はいちはやく“電気”の