潜竜炭鉱(潜龍炭鉱)

潜竜炭鉱潜龍炭鉱)は長崎県佐世保市(旧・北松浦郡江迎町)にあった炭鉱。

昭和9年8月、本坑開坑。昭和24年5月、天皇陛下の行幸を仰ぐ。

昭和26年頃に最盛期を迎え、周囲には住宅や学校の他、病院、映画館、テニスコートなども整備された。

昭和35年9月に閉山。

跡地は企業敷地内となり目立った遺構は見られないが、僅かな煉瓦・コンクリート遺構、記念碑などが見られる。

また、炭鉱住宅跡らしい建物が現役使用されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

潜竜炭鉱(潜龍炭鉱) 住所

長崎県佐世保市江迎町田ノ元

潜竜炭鉱(潜龍炭鉱) 種類

廃鉱・採石場跡

潜竜炭鉱(潜龍炭鉱) 画像

潜竜炭鉱(潜龍炭鉱)

潜竜炭鉱(潜龍炭鉱) 写真・ブログ・リポート

潜龍 炭鉱 | 鶴嘴さんのブログ
https://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-12046052085.html
その日は快晴で強い日射しが肌にジリジリと染みるような日だった、また暑い夏がきたと思いながら江迎町へと向かう昔ニッチツ江迎炭鉱のお隣に、住友潜龍炭鉱という炭鉱が採炭を行っていた昭和30年代の航空写真がほしかったが、見付からなかった…しかし炭住や施設などが多く確認
住友 潜龍炭鉱 : アトリエ隼 仕事日記
http://hayabusa-3.dreamlog.jp/archives/51239355.html
潜龍鉱について、岩下地区など一度記事を書いた(こちら)のですが、記事が雑であったため、補足の意味を兼ねて、もう一度書きたいと思います。吉井町において日窒江迎鉱とともに、二大炭鉱のひとつとして、同町の繁栄を支えた炭鉱であった潜龍鉱。その坑口跡には、記念碑が立って