銀杏丸(いちょうのまる)は長崎県長崎市の廃線。小瀬戸町にある皇后島(通称「ねずみ島」)の海岸に20....

銀杏丸

銀杏丸 概要・歴史

銀杏丸(いちょうのまる)は長崎県長崎市の廃線。小瀬戸町にある皇后島(通称「ねずみ島」)の海岸に20....

銀杏丸 画像

銀杏丸
提供画像 転載禁止

近くのスポット

銀杏丸 ストリートビュー・空中写真

銀杏丸 関連ブログ・参考リンク

https://www.gunkanjima-concierge.com/topic/%E8%BB%8D%E8%89%A6%E5%B3%B6/%E9%95%B7%E5%B4%8E%E3%81%AE%E7%8F%8D%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%81%EF%BC%9F%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%BB%83%E8%88%B9%E3%80%8C%E9%8A%80%E6%9D%8F%E4%B8%B8%E3%80%8D/
廃船「銀杏丸」グーグルマップ上では長崎の史跡に登録されていますが船籍は東京ですし、船舶番号を調べても詳細はわからずネットで検索してもほとんど情報がでてこない謎の船。いつ、どうしてこうなったかまったくわからない珍?スポットですから見に行ってきました。場所は鼠島公園の東。一部ではインスタ映えスポットとして人気だとか。
https://sharaku-nagasaki.com/%E9%8A%80%E6%9D%8F%E4%B8%B8/
長崎市西部の神ノ島にほど近い鼠島(ねずみじま)。かつては島だったところが埋め立てにより陸繋島となったその場所に、銀杏丸はあります。満潮時には写真のように大半が水没し、非常にフォトジェニック。なお、船の西側は島で隠れているため夕日と一緒に収めることが困難です。代わりに月の出でも大気が赤く染まるため、トップ絵のような不思議な一枚に仕上げてみました。
http://ramblingbirds.blog.fc2.com/blog-entry-274.html
海岸に放置された廃船。「銀杏丸」というらしい。どうもこれが観光スポット扱いされているようなのだが、渚には崩落したサビの塊が、ハングル文字の○腸などのゴミと一緒に打ち寄せている。水質汚染で泳げなくなった所なので、どうでもいいのだろうか。頭の悪い子どもがキャー!と言ってボロ船によじ登り、床がズボッと抜ける事もありそうだ。残すのなら少し考えた方がよさそう。顕彰碑の胸像は、田中直司氏。水泳の先生らしい。