勝田線

勝田線(かつたせん)は、福岡県福岡市博多区の吉塚駅と同県糟屋郡宇美町の筑前勝田駅とを結んでいた、日本国有鉄道の鉄道路線である。1980年の国鉄再建法施行にともない第1次特定地方交通線に指定され、1985年に全線が廃止された。

篠栗線と並行していた区間は現在でも路盤がそのまま残っている。一部は保線機械留置用の線路に転用された。また篠栗線と分岐する位置には柚須駅が新設された。

分岐点から御手洗駅までは遊歩道の一部や、隣接した店舗などの敷地の一部などに転用されている。

志免・宇美両町内の区間は、大半が遊歩道として整備されている。御手洗、上亀山、志免の各駅跡は公園となり、特に志免駅跡はホームや線路、信号機などが保存され、勝田線現役時代の写真なども展示された鉄道公園として整備されている(ただし中央には道路が横断している)。御手洗駅跡の公園はその駅跡を示すものはないが、上亀山駅跡の公園は「上亀山駅跡公園」の表示がある。また1944年に廃止された南里駅跡も「南里駅跡公園」となっており、近くを通る主要地方道福岡東環状線には「南里駅前」という交差点がある。田富駅跡は志免町立志免東中学校南側に位置し、遊歩道が2本に平行分岐し広くなっている。2本は高低差があり、志免駅方分岐付近に信号機のコンクリート台座が残されているので構造的には駅というより信号所のそれである。大谷駅の跡は確認することができない。

粕屋町内の区間はイオンモール福岡の駐車場となっており、路線跡を確認することはできない。その前後も遊歩道もしくは近隣住宅地の道路として舗装されている。 下宇美駅跡はホームが現存し駅跡を示す説明板の入ったモニュメントが立っており、その前が西鉄バスの停留所になっている。香椎線の宇美駅前はこの廃線跡を利用して駐車場などに整備されているが、勝田線の宇美駅跡はその位置がどこにあったのか分からなくなっている。筑前勝田駅跡は公園になっており西鉄バスの停留所が隣接しているが、駅跡を示すものは何もない。

地図は志免鉄道公園。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

勝田線 住所

福岡県糟屋郡志免町志免中央

勝田線 種類

廃線・鉄道駅

勝田線 画像

勝田線
©Google

勝田線 写真・ブログ・リポート

廃線探索 勝田線-1
2009年11月29日 ③篠栗線柚須駅(ゆすえき)までは、勝田線と平行に走っていた。 ③篠栗線の高架。 勝田線が廃止(1985年4月1日)後、高架(2004年3月13日)になった。 ④この橋台は 勝田線の橋台? ④駐車場が勝田線廃線跡。 ④篠栗線の踏切より撮影。
勝田線廃線
勝田線廃線 今回の探訪は、かつて福岡近辺で石炭輸送を担っていた勝田線の廃線跡 をたどってみます。 大正時代に私鉄として開業し、昭和19年に国鉄に買収され、勝田線 となりました。 石炭が主要エネルギーだった時代には、沿線で産出された石炭の輸送に
廃線探索 旧国鉄勝田線|歩鉄の達人のブログ
2009年11月29日 歩鉄の達人の歩鉄の達人のブログの記事、廃線探索 旧国鉄勝田線です。
勝田線<上> : 廃線を訪ねて : 鉄道ひろば : 九州旅行情報 : 九州発
2010年10月26日 現在位置は. ホーム>九州発>九州旅行情報>鉄道ひろば>廃線を訪ねて> 勝田線<上 >. です 勝田線廃止後、分岐地点に三角形の空き地ができ、そこに切符売場、 駐輪場などを設置した。 当時は国鉄分割・民営化でJR九州が誕生して間も
勝田線<下> : 廃線を訪ねて : 鉄道ひろば : 九州旅行情報 : 九州発
2010年11月1日 ホーム>九州発>九州旅行情報>鉄道ひろば>廃線を訪ねて> 勝田線<下>. です 旧 国鉄勝田線は吉塚~筑前勝田間、13・8キロを結んでいた。 勝田線駅跡は、廃止 後に整備された香椎線の宇美駅前広場の一部になった(写真32)。
廃線探索ポタリング
新聞を読んでいたら、旧勝田線の廃線跡を散策した記事が。 行ってみよう!ただし自転車で(笑)。 今回の探索ですが、 歩鉄の達人のブログ を参考にさせていただきました。 勝田線は1918年に、沿線の志免炭鉱の石炭輸送と宇美八幡宮の参拝客輸送のため
A.G.I. 2.0 (Seesaa Edition): 勝田線
2007年9月30日 この事務所の建っている箇所が勝田線跡地。 katsuta12.jpg その反対側を見ると、橋脚 の跡が見える。 katsuta13.jpg この跡廃線跡は向かいのパチンコ屋の敷地(おそらく 緑地の形状が変わっているところから道路側)を抜けていく。
遺構へ行こう 〜鉄道廃線跡を訪ねて〜|勝田線
遺構へ行こう 〜鉄道廃線跡を訪ねて〜|勝田線 知っていますか?あの街に鉄道が 走っていたこと。覚えていますか?あなたの街に駅があったこと。その廃線跡はどうなっ ているんだろう? さぁ、鉄道遺構へ行こう!!
廃線探索 旧国鉄勝田線の画像 | 歩鉄の達人のブログ
歩鉄の達人のブログの「廃線探索 旧国鉄勝田線」に投稿された画像です。
勝田線 - 屍の駅
甘木線転換の甘木鉄道は転換と同時に30往復以上に増発し、小郡駅で西鉄天神 大牟田線との連絡を便利にして乗客を増やしています。すばらしいとは思いますが、なぜ 国鉄で出来なかったのでしょうか。ましてや勝田線はしないまま廃線になったのですから
廃止路線の駅舎・勝田線
勝 田 線(吉塚-筑前勝田). 吉塚-御手洗-上亀山-志免-下宇美-宇美-筑前 勝田. (昭和60(1985)年4月1日廃止). ※※所在地は撮影当時のものです. 御 手 洗 駅 (福岡県粕屋郡志免町). △空き地の片隅にポツンとある、そんな感じの駅でした。( 1985.1
廃線探索 勝田線-2(歩鉄の達人)
2009年11月29日 勝田線(かつたせん)は、福岡県福岡市博多区の吉塚駅と同県糟屋郡宇美町の筑前 勝田駅とを結んでいた、日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線(地方交通線)である。1980年 の国鉄再建法施行にともない第1次特定地方交通線に指定 
建築マップ 福岡県[志免炭鉱]7/9
勝田線の廃線跡は、一般道になった部分もありますが、大部分の区間が遊歩道に整備 されており、地元住民の散歩やジョギングコースとして親しまれています。写真703は旧 志免駅付近の様子。廃線跡がはっきりしているので容易にトレースできますが、整備され  
空中写真で見る鉄道(跡)【国鉄・勝田線】1974|From the air 〜そこに
あなたの街に駅があったこと廃線・施設廃止になり変貌した風景・街並みひと昔前の空中写真であの頃が蘇ります【国鉄・勝田線】 勝田線は吉塚駅を出発後、篠栗線と共同の線路を走り、新幹線を越えた辺り分岐して並走した後、現在の篠栗線柚須駅で双方 
NO.1351 旧国鉄勝田線廃線跡探訪(その4・旧志免~旧上亀山編
2013年4月12日 旧国鉄勝田線廃線跡探訪の話題も、今回を入れてあと3回ご紹介いたします。 その前回 NO.1350 では、旧下宇美~旧志免編をご紹介しましたが、沿線では桜も咲いたりしているなど美しい姿も見られておりましたが、もしも残っているならば 
NO.1348 旧国鉄勝田線廃線跡探訪(その1・概要、旧筑前勝田~宇美
2013年4月10日 当ブログでもおなじみになっております廃線跡探訪シリーズ、前回は NO.1328 などでご紹介しました旧佐賀線の佐賀県側の廃線跡探訪、その前は NO.1313 でもご紹介しました福岡市の博多港沿いにありました博多臨港線の廃止区間の 
茜堂の鐵路趣味|廃線勝田線途中下車 - nifty
アンティークステーション茜堂の鉄路趣味=昭和60年4月1日に廃止された、勝田線跡を、篠栗線から辿ります。現役時代の駅舎や車両、また、入場券や乗車券等を織り交ぜ乍ら、旧勝田線の遺構をご案内致します。
【廃線散策(妄想編)】勝田線跡: 鉄分高めでやってます!taka's blog
神経内科医による手帳、鉄道(廃線散策)、iPhoneのブログです。 【廃線散策(妄想編)】勝田線跡. 今回は勝田線跡をトレースしてみました。 勝田線は南里駅から宇美駅まで写真を撮っていますので、おいおいアップしていきたいと思います。